ジャイロボードに乗ってみた | Tana



ジャイロボードに乗ってみた


↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (1)

2015-07.UP 写真 2015-07-18 15 32 18
 

ジャイロボードに乗ってみた

 

 

 

ネットショップ作成サービスのBASEが行った週末イベントWEEKEND BASE

7月18、19日に行われ、開催場所は、渋谷、原宿、青山、下北沢、秋葉原といった

それぞれ独自のカルチャーが生まれている東京の街。

今回、自分は秋葉原のWEEKEN BASEに行ってきました。

なぜなら『ジャイロボード』に乗れると聞いたから!

 

スクリーンショット 2015-07-31 13.29.09

 

 

ジャイロボードとは

 

ジャイロボード(Gyroboard)とは体重移動で進む小型二輪の乗り物。

セグウェイやUNI-CUBなどと同じボディバランスで進む乗り物の新顔です。

形状がよく似た「IO Hawk」や「Hovertrax」という乗り物もありますが、

どれが元祖でどれが後続機なのかは調査不足でよく分かっていません。

Tanaでも以前UNI-CUBの記事を書きましたが、この手の乗り物はとても楽しい。

今回も、さっそく体重移動系マシン「ジャイロボード」を試乗してきました。

 

 

bc289c16cc264709b278ffad88985f15-490x62
 

秋葉原のWEEKEN BASE会場は、DMM.make AKIBA

 

写真 2015-07-18 15 32 59
 

試乗広場にはジャイロボードが数台置いてありました

 

 

 

ジャイロボードに乗ってみた

 

最初はその場で静止できるようバランスをとる練習をし、

ジャイロボードの癖を身体で覚えます。

次に前進、そして旋回などを試してみて曲がり方を把握。

なんだか取っ手のないプチセグウェイのような感じです。

 

 

 

 

乗って5分程でこのくらいは自由に乗れてしまいます。

めちゃくちゃ簡単!移動が楽チン!


 

朝から乗っているスタッフの方はすごい勢いで人混みの中を走行していました  

 

 

写真 2015-07-18 15 33 19
 

 

 構造はセグウェイと同じく、本体の左右にタイヤが1つずつ付いています。

 

本体は中央部分で繋がっていますが、左右が独立して前後に傾けるようになっていました。

 

 

 


@gyroboard_clubが投稿した動画



 

空港や広い施設では大活躍しそう

 

 

@gyroboard_clubが投稿した動画


 

この程度の傾斜なら登れるみたい

 

 

 

 

 

ジャイロボード基本性能

 

・充電時間 1〜2時間

・連続航行距離 10キロ〜16キロ

・重量 約10kg

・値段 ¥78000~¥102,600

 

値段は各サイトによりますが、今回試乗させていただいたサイトでは

¥86,400での販売で、このイベント当日限り¥70,000まで値下げされていました。

 

 

写真 2015-07-18 15 37 53
 

スケボーくらいのコンパクトさ。ほ、欲しい…

 

 

 

 

流行りそうだけど日本では…

 

日本ではセグウェイなどの乗り物は公道での走行を禁止されていて

このジャイロボードも例外ではありません。

広いオフィス室内や倉庫など仕事場で使ったりするのが現実的ですね。

せっかく便利な乗り物なのに活躍する場が限られてしまう日本では

価格が手ごろでも、買う人を選んでしまうのが残念です。

 

 

5df246279288f3c777d94e37afb1c162
 

 

セグウェイは持ち運びや値段に関してはあまり良心的ではありませんでした。

しかし、ジャイロボードなら現実的な重さと値段です。

市民の未来の乗り物としては大本命なのではないでしょうか。

 

 

 

 

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽ L I N K ▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽

 

ジャイロボード販売 BASE

別会社の販売

 

 

 

 

↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (1)
このエントリーをはてなブックマークに追加


«

»