植物をもっと自由にしてくれる「密林東京」の世界 | Tana



植物をもっと自由にしてくれる「密林東京」の世界


↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (2)

 

Akko-1172-900x600

植物をもっと自由にしてくれる『密林東京』の世界

 

 

 

 

以前から好きだったスズキアキコさんの『密林東京』

もう他サイトでも素敵な文章で紹介されているけど

こないだ行ったNew Acoustic Campで、初めてご本人に会えて

改めてその世界観が好きだなと気付かされたので、やっぱりここで紹介します

 

 

 

76387_232361523589423_2147228389_n

 

 

▲ 密林東京とは

植物を使い、 空間づくりから、アレンジメント、アクセサリー等小さな物まで

大きいものから小さいものまで植物で何でも制作する、スズキアキコによるアトリエ。

個性的な植物たちを多彩な表現力で日常に落とし込んでくれます。

 

 

 

acco-about
 

 

スズキアキコ

魔法使いならぬ、植物使い。

香川県高松市生まれ武蔵野美術大学工芸工業デザイン科卒業卒業後、某大手老舗花屋に就職。店舗にての勤務、ウェディングゲストハウスにて婚礼の装花など。型にはまらずに植物を使いたい。退職後、完全なオーダーメードによる制作を始める。絵の具で絵を描くように、自由に制作をおこなっている。2013年秋、この世の植物のおもしろさを更に伝えるべく「密林東京」を発足。ウエディング、ライブデコレーションや、商業施設などの空間づくりから、アレンジメントやアクセサリーなど小さな物までオーダーメイドで制作している。(文:サイト引用)

 

 

 

 

色んなものを緑化

スズキアキコさんの作品をばーっと紹介。

枠にとらわれない作風を感じれると思います。

 

 

 

wedding-l
 

植物の蝶ネクタイとハット帽

 

Akko-1062-900x600
 

多肉植物らしき植物のイヤリング。自由な発想です

 

 

 

結婚式を緑化

 

10450779_312706995554875_7029469756313339356_n
 

メキシカンな帽子も。白いシャツに植物はよく似合いますね

 

10302532_294366607388914_8705549692181882602_n
 

ワンポイントで付けると上品で柔かい感じです

 

wasou2-l
 

和装にも!大胆かつ繊細!見事に着物と共存しています!

 

wedding-bouquet-l
 

ウェディングのイメージに合わせてブーケも変化

 

th_140531hasegawa-wd-other-102_original
 

さっきのメキシカンな帽子に合わせて情熱的な赤のバラのブーケ

 

 

 

人間を緑化

 

10320511_319242824901292_6838797373630309469_n
 

こういうアートワークも素敵です

 

 

 

Monky  Magicのアー写も

 

MM-900x591
 

ハンチングを植物で…!

 

 

 

空間を緑化

 

10653577_355893961236178_2428914963551563011_n
 

 

o0403040312118799956-のコピー
 

 

 

6505_189333114558931_117547012_n
 

食事の空間やライブステージまでも

 

名称未設定-1
 

今年の始めには渋谷のアツコバルーarts drinks talkにて「躍る糸と植物展」を開催。

 

 

…etc

 

 

これはスズキアキコさんの作品のほんの一部。

作品数はハンパじゃありません。もっと見たい方は下のリンクから是非!

 

 

 

 

生花の儚さ

 

友人たちとNew Acoustic Campでやっていたワークショップ「頭上緑化」を体験してきました。

密林東京が開催しているワークショップでは、よく生花が使われ、

ここで頭に咲かせた生花たちは、たった1日で寿命が終わってしまいます。

天気や種類によっても変わると思いますが

友人の花飾りは翌日にはポロポロと少しずつ崩れていきました。

 

 

名称未設定-11
 

いろんな植物で彩られた頭。男性も似合うとかっこいい!!

 

 

生花のおもしろさ

この花飾りが萎れていく経過がとてもおもしろいんです!

1週間も経てば最初のような鮮やかさはなくなり、枯れてしまいます。

どんどん触感もかさついて水分がなくなっていき、逆にこんなにも水分があったのだと驚きました。

小さくしぼんだり、色がいい感じになったり。色んな気付きがありました。

生花にはやっぱり造花などでは得られない魅力があります。

 

 

 

unnamed-3
 

これが

 

unnamed-1
 

 

 

こう

 

 

 

生花の花飾りはこういう変化のおもしろさがあって

 

なんだか思い出が、より大切に思えてきます。

 

 

unnamed
 

枯れてもいい感じに形をとどめているものは、こうして飾ってもまだまだお洒落。

 

 

 

 

おわり

スズキアキコさんによる「密林東京」

密林東京の自由な発想はこれからも活躍の場を広げると思います。

覗きたくなるような、何だか気になる密林の中の世界をこれからも楽しみにしています。

 

 

 

 

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽ L I N K ▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽

 

 

密林東京 Facebookページ

いいね!押しちゃいましょう

 

密林東京 サイト

葉っぱが動かせてなんか楽しい。

 

密林東京 前のサイト「BOTANICAL SIRCUS | わたし植物使いです。」

スズキアキコさんを追いかけたい!もっと知りたい!

という方は前のサイトも見てみて

 

 

 

↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (2)
このエントリーをはてなブックマークに追加


«

»