「山下」といえば | Tana



「山下」といえば


↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (5)

山下良平13

「山下」という名字を見て、思い出す人は誰ですか?

山Pですか、それとも日本の宝 山下達郎さんでしょうか。

僕は山下良平さんを思い浮かべます。

 

イラストレーターの山下良平さんです。

 

山下良平さんは『躍動』を一貫としたテーマにビジュアル作品を描いているイラストレーターです。

 

 

山下良平 GOD HAND  2008:9 digital paint NIKEiD×digmeout「WAZZAWALL」

山下良平 Tarzan No.588

山下良平 Tarzan No.613 2

 

 

最近ではNIKEの広告やTarzanの表紙まで手掛けているので、

もしかしたら このイラスト見たことある!という方もいるのではないでしょうか。

今回は山下良平さんの魅力をうっかり紹介したいと思います。

 

 

 

山下良平さんの魅力 その1

躍動感がハンパない

 

山下良平さんのイラストはテーマにしている通り、躍動感がハンパないです。

まさしく「今にも動きそう」ってやつです。

ポスターを部屋に飾るとなんだかイラストにつられて 部屋を出なきゃっ!!

という衝動にかられる程に、まるでイラスト自体が動きたいと願っているようなんです。

山下さんのイラスト入りカレンダーを毎年部屋に飾っている僕は、

おかげ様で休日は部屋に留まれません。

 

 

 

山下良平さんの魅力 その2

音が聴こえてくる

 

そして山下さんのイラストからはなんだか音が聴こえてきそうなんです。

 

「シュッ!!」「ぐるんッッ!!」「ズバッ!!」「ドガッ!!」

 

イラストを見ると勝手に脳内で効果音を鳴らしてしまいます。

「躍動感」を極めようとしている山下さんの作品だからこそ、そんな音が聴こえるのだと思います。

 

 

 

山下良平さんの魅力 その3

なんかどんどん上手くなってる

 

これは説明するのが長くなってしまうのですが、

もともと山下さんとの出会いは、2009年 summer sonic 内で行われていた「SONICART」という

ライブペイントのイベントでした。

迫力のある構図でLINKIN PARKのチェスターをメインにライヴ風景を描いていて、

なんだこれは、、最高にイカしてるッッ!!と感動したのを覚えています。

以下、画像と共に山下さんの進化を見ていただきたい。

 

 

 

山下良平 Sonicart in summer sonic 2009

 

2009年SONICART

 

とにかくLINKIN PARKが大好きで、この絵の写真を撮って部屋に飾ったりしていました。懐かしい。

 

山下良平 Sonicart in summer sonic 2010

 

2010年SONICART

 

光の描き方が劇的で、なんだか海外の青春って感じ。

 

画像が小さくて分かりづらいんですが、雲がsummer sonicの文字の形をしています。イカす。

 

山下良平 ライブペイント SONICART 2011(SUMMER SONIC)

 

2011年SONICART

 

2009年と同じくライブ風景のようですが、スケール感が壮大!

 

劇的な風景が更に美しくなっていて2年前とは全く違うライブ風景になっていました。

 

 サマソニのSONICARTで僕は山下良平さんの描く絵がとても好きだと確信

 

その後、追いかけるように山下さんのライブペイントを見にイベントへ足を運びました。

 

 

山下良平10

 

山下良平11

 

2011年デザインフェスタVol.34では巨大壁画のライヴペイント。でかい。

 

山下良平 .After school

 

SONY DSC

 

2012年デザインフェスタVol.35も巨大壁画にライヴペイント。でかい。。

 

 

なかなか伝わりづらいかもしれませんが、山下さん、めちゃくちゃ上手くなってるんです。

無知な自分の偏見ですが、初めて見た時からとんでもなく上手くなっていると感じました。

具体的には構図やハレーションのような光りの使い方だとか人体の肉々しさ、です。

(本当に無知な自分の偏見です)

もちろん元々が本当に上手いですし、絵を描くプロというのは努力を惜しまないと思うのですが、

こうどんどん上手くなっている様子を見ていると、

山下さんの「躍動感」へ対する徹底的な姿勢、というのが素人の僕でも分かる形で作品になっていくので、

なんだか見ていてとても気持ちがいいのです。

 

 

 

個人的な希望

オリンピックで見たい

 

スポーツ系の広告には抜群の威力を発揮する山下さんのイラスト。

山下さんのイラストを見ていると、動いた方が楽しい!動き出さなきゃ!という思いが芽生えてきます。

ふつふつと何か沸騰してくるような、ふにゃった気持ちを起こしてくれます。

僕は、山下さんが2020年オリンピックのポスター等を描いてくれたらなぁ、と個人的に願っています。

きっとスポーツ選手応援ポスターやらを描いたら選手も応援側も双方意欲倍増するだろうな〜と。

 

 

オリンピックは7年後!僕も今からワクワクしています。

7年後なんてどうなってるかさっぱり分かりません。

けど間違いなく、山下さんは今以上に躍動の表現を極めてることでしょう。

山下良平さんのこれからの進化が楽しみです!

 

 

 

では最後に年別でイラストを

山下良平17 2006


2006年

山下良平16 2007


2007年

山下良平6


2008年

山下良平18 2009


2009年

山下良平19 2010


2010年

山下良平 2011Rugby


2011年

山下良平 2012Shouting star

山下良平1


2012年

山下良平 See you tomorrow 3  Live paint in Design festa vol.38 (retouched version)  2013:11 8m×3.6m

山下良平 東京オーヴァル京王閣競輪2013年度ポスターイラスト

山下良平2

山下良平4

山下良平21


2013年

 

 

 

 

 

「山下」といえば誰?

この問いに山下良平さんが食い込みますように。。

 

 

 

 

 イラストレーター 山下良平 Web

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (5)
このエントリーをはてなブックマークに追加


«

»