世界で一番クリエイティブなインスタントカメラ『Lomo’Instant』 | Tana



世界で一番クリエイティブなインスタントカメラ『Lomo’Instant』


↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (0)

 

14347339241_399b19e744_o
 

 

どうも木曜担当のマツダです。

今、クラウドファンディングサービス「CAMPFIRE」で資金調達をしている企画がなにやら面白そうです。

それが、アナログカメラで有名なロモグラフィー初のインスタントカメラ『Lomo’Instant』の製造企画です。

なんと6月4日に募集を開始したところ、ほんの数時間で目標金額の100万円を達成しています。

 

 

 

tw_lomography_logo
 

 

 

ロモグラフィーとは

オーストリアの企業であり、アジア、北米にもオフィスをかまえている世界的なフィルム写真コミュニティーです。

また、多くのカメラやフィルムも販売していて、20年間アナログフィルム写真を楽しむ術を常に発信しています。

 

 

 

 

今回企画している『Lomo’Instant』とは

まずは動画でチェケラ

 



 

 

 

ザッとまとめるインスタントカメラ 『 Lomo’Instant 』 の魅力

撮ってすぐに写真が出てくる。これに勝る魅力はないですよね。

他にも、持ち運びが楽なサイズ感。そしてかわいいデザイン。

レンズが取り替えられて、魚眼レンズ、ポートレイトレンズが接続可能。

多重露光、長時間露光ももちろんOK。

インスタントカメラの中で最も多い絞り値の設定が可能。

カラーフィルターも付属しているので様々な色で大胆に染めたイメージも楽しめる。

 

…などなど、楽しい写真が撮れる工夫が満載です!

 

lomo_instant_ani
 

かわいいデザイン

 

e61b3075575467beac5c2faf2589957c79bce4
 

この独特の発色 。エモい。

 

14325407953_7e7983b18d_o
 

長時間露光

 

14325407833_1a1cf607e6_o
 

多重露光。個人的にとても好きな機能。

 

ce2bd708ae6f8f6b7d78fc05c33c612e6d6d1a
 

 魚眼レンズも

 

 

 

 

 

 

ロモグラフィーがCAMPFIREで資金調達するのはこれで三回目

一回目は、18世紀の歴史的なポートレイトレンズ「Petzvalレンズ」を現代に蘇らせるプロジェクト

二回目は、35㎜フィルムをスマフォでスキャンするガジェット「Lomography Smartphone Scanner」のプロジェクト

そして三回目となるのが今回の、撮ってすぐ写真になるインスタントカメラ『Lomo’Instant』

 

 

 

 

すでに目標金額の650%を達成

一回目、二回目ともに目標金額を達成していて

「Petzvalレンズ」ではなんと当初100万円目標が、結果1000万円もの金額が集まりました。

これはCAMPFIRE内で伝説的な企画として知られているようです。

今回の『Lomo’Instant』も十分にそのレベルの金額が集まると思います。

6月26日の時点では目標の650%を達成しています。もうよくわかりません。

 

 

 

スクリーンショット 2014-06-25 18.41.07
 

昨年の「Petzvalレンズ」を現代に蘇らせるプロジェクトの画面


単純計算で1人あたり約39,450円………すげぇ…

 

 

 

 

 

魅力的なリターン

お金を出してくれるパトロンになると、金額に応じたリターン(お返し)があります。

今回のリターンは予定価格よりも安く 『Lomo’Instant』 を買えること。

シンプルですが、やはり魅力的な商品を安く早く買えるのはパトロンにとっても大きな利点ですね

いずれ 『Lomo’Instant』 を買いたい方なら、今が買いかもしれません。

 

 

 

 

現在、7月7日まで更なる目標金額に向けて募集を続行中です。

いつものカメラライフに違った楽しみを加えたい方、

旅行やイベントの機会が多い方、などにオススメです。

パーティーに一台あれば人気者になれそうなアイテムですね。

自分も7月7日まで悩んでみます。

 

 

 

 

▼▽▼▽▼▽▼ L I N K ▽▼▽▼▽▼▽

 

『Lomo’Instant』CAMPFIREページ 

 

 

 

↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (0)
このエントリーをはてなブックマークに追加


«

»