考えるときの理想的な場所とは | Tana



考えるときの理想的な場所とは


↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (1)

考える人

 

昨年末から始まったTanaの共通テーマ。

2013年12月は「携帯電話」2014年1月は「ゲーム」でした。

なかなかくだらないのでこの機会に併せて読んでみてください。

(((  画面右側のカテゴリー項目「共通テーマ」から読めますよ  )))

さて3回目となる今月の共通テーマは、

 

「考えごとをする時に行く場所 or 行きたい場所」です。

 

僕にはちょっと難しいテーマです。

普段から考え事を意識的にしていないので、ココという特定の場所がない。。

意識的に移動してその場所で考えるってなかなかしたことがないです。

『よし、これからあれを考えたいからあそこに行こう!』ていう人は確かに周りにも居る気がする。

改めて思えばそういう自分の場所があるのって、なんだかカッコいいし自分にも欲しい。

 

けど考えごとをする場所ってよくわからない。

というかそんなこと考えたことがない。

なので今回、【考えごとをする理想的な場所】を自分なりに考えてみた。

考えるための場所を考える。それを考えている場所は今、「自分の部屋」です。

自分の部屋でこれを考えることは合っているのか、本当の理想的な場所とはどこなのか。

最後に答え合わせをしたいと思います。

 

まずは、考えごとの内容によって理想的な場所は変わると思うので、

考えごとの内容を思いつく限り書き出してみます。

 

考えごとの内容2

 

ザッとこんな感じ。まだまだあるだろうけどキリがない。

こう書いてみると「考えごと」って言葉には、

「今年の目標」などのプラス思考だったり、「性格の悩み」などのマイナス思考も含まれているので

めちゃくちゃ広い意味なんだと書きながらようやく気付き、なかば諦めに近い形でストップ。

 

そして、この考えごとをジャンル分け出来そうだったのでおおまかに7種類に分類してみます

 

考えごとの内容3

 

だいたいこんな感じだと思う。

無我は無心のことで「考えないことを考える状態」かなと。

絶賛只今考えている「考える場所を考える」は「哲学的なこと」に含まれるのかなと思います。 

それと下心だとか性欲だとかは「身体的なこと」に含まれますね。これも絶賛只今考えているので。

だいたいこれで考えごとは振り分けられるのではないかと思います。

 

そして今度は考えごとをする場所を思いつく限り書き出してみます。

 

考え場所

 

こんな感じ。

考えごとしてる人が居そう、考えごとに向いてそう、というイメージで場所を挙げてみた。

アマゾンはあの通販サイトのことで、自分がよくアマゾンを見てる時になにか考えているなと思ったので。

自分のイメージで挙げてみたので、なかなか偏ってきました。

 

それではこれらの「考えごと」と「場所」の理想的なベストカップルを組み合わせたいと思います。

まずは一度、考えごとの内容のみを図にしてみます。

 

考えごとの内容

 

それっぽい形になりました。自分のイメージだけで作ったらこうなるのか。

それっぽくなったけどやっぱりこういう図に表すと位置関係が難しい。。

 

ここから色分けした土台に、どの場所が似合いそうか考えて配置してみる。

マツダが思う【考えごとをする理想的な場所】はこうなりました。

 

 

考えたい場所

 

 

なるほど難しい。けど面白い。

こう見ると「哲学的なこと」と「漠然としたなにか」って表裏一体な気がしてきた。。。

Barでは「異性のこと」を考えるのが似合うだろうと思うのであの位置です。あくまでイメージ。

JR線ホームやイオンモールで周りの大人や子どもを見て自分の将来を考えてみたり。

地下鉄では日差しが入らない ほどよく暗いあの空間がなんかいいアイディアが地上から落ちてきそう。

なんとなく、その「考えごと」が似合いそうなイメージで配置してみたらこうなりました。

 

 

そして絶賛考え中の「考える場所を考える」は果たして「自分の部屋」で考えることが自分の理想的な場所なのか!

その答え合わせですが、出来上がった図を見てみると、、、

「哲学的なこと」はお寺・神社、プラネタリウム、山、とのことなので

今僕が居るべき場所は全然「自分の部屋」ではありませんでした。

山に登って考えるべきでした。。猛省。

 

考える

 このスタイルが正解だった。

 

 

そして、こうして図にすると、考えごとをするのに自分にとって万能な場所がいくつかある事に気付きました。

お風呂 、 土手と川辺 、 車の中 、 自分の部屋

その4つの場所の特徴から考えるに「水の音」、「自分だけの狭い空間」がポイントなのかもしれない。

このポイントは「トイレ」も当てはまる。確かにトイレはとても好きな場所で心が休まります。

だからこそ頭が柔らかくなりアイディアが出てくるのかもしれない。雨の日の部屋なんかもそれです。

 

これはいい発見ができました…!

 

自分は「水の音」、「自分だけの狭い空間」がある場所で深く考えごとができるかもしれない!

 

突然現れた満足感。迷ったあげくやって良かった。。

この「考える場所を考える」ことも自分の部屋ではなく山でもなく、トイレで考えれば良かったかもしれない。

この理論から言ったら部屋に水の音を流すだけでも結構違うかもしれない。

部屋にししおどしを置いたらすごい集中できるかもしれない。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 これもまた一つの正解だった。

 

 

こうやって自分の頭の中を整理してみると発見がありますね。

 

考える場所って自分では今まで意識していなかったことなので、


理想的な場所を通りすぎて深く考えるチャンスを逃していたのかもしれない。

旅行などで行く海も山も、ただ通りすぎていくことが多いので

これからは少し考える時間を作るのもいいかもしれないと思いました。

 

 

↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (1)
このエントリーをはてなブックマークに追加


«

»