ルサンチマン | Tana



ルサンチマン


↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (1)

ルサンチマン

 

 

今月の共通テーマは「ゲーム」ということで、

それぞれ、HIROはWindowsの無料ゲームイズミは眠っている玩具の最下層

同じテーマでもやっぱり書く人が違うと全く違う内容になるのでけっこう面白い。

「ゲーム」って文字を見るとやっぱり「コンピューターゲーム」が頭に浮かぶけれど

ボードゲーム、カードゲーム、球技全般のスポーツ等、一捻りするとかなり広い意味になります。

僕はコンピューターゲームにはめっぽう疎いので今回、一捻りさせていただきます。

 

 

 

オンラインゲームを題材にした近未来SF漫画

「ルサンチマン」

 

 

【漫画家】

花沢健吾

他の作品に「ボーイズ・オン・ザ・ラン」連載中の「アイアムアヒーロー」等。
どの漫画もヘタレでモテない平凡な青年を主人公としている。
Twitterでは主に下ネタをつぶやいている。なかなかの変態だと思ってます。

 

【ストーリー】

時は2015年、東京が舞台。坂本拓郎(通称たくろー)は印刷会社に勤める30歳独身、デブ、ハゲ進行気味のさえない男、ボーナス後のソープが楽しみの素人童貞。30歳の誕生日に旧知の友人3人と飲んだ際に、最新式のギャルゲーの存在を知る。それは想像を上回る高度なAIキャラクターとバーチャルリアリティプログラムにより構成された現実感(ある意味究極の非現実感)あふれるものだった。魅了されたたくろーはAIソフト売り場で偶然陳列棚の下に埋もれていた「TUKIKO(月子)」というソフトを購入する。喜び勇んで月子との仮想現実での生活を楽しもうとするたくろー、しかしプレイをしていくうちにそのAIソフト「月子」は普通のAIソフトとは違うことに気づいていく。。。
(Wikipedia参照)

 

 

 

オンラインゲームの仮想現実の世界を舞台にした、人口知能の女の子とのラブコメです。

「仮想現実」と聞くとマトリックスとか攻殻機動隊を思い出しますが、

そういったサイバー感は全くありません。絵柄も柔らかくとても読みやすいです。

現実に楽しみを見つけられない人が、どうゲーム内の仮想現実にハマっていくのかが

強調されながら描かれています。

 

 

写真 2014-01-28 20 45 35

淡い希望も現実の厳しさに砕かれるシーン。

こんな店員いたら二度と行かない。

 

 

前述したように花沢健吾さんの漫画は基本的に「ダメ男の奮闘記」という漫画が多く、

なかでもこのルサンチマンは登場人物全てがダメ人間です。

オールキャストダメ人間です。

 

 

写真 2014-01-28 20 47 29

まるでダメです。

 

 

そんなダメ人間たちがゲーム内だと別人の紳士になったり、馬術に長けていたりと

現実とのギャップに笑えます。馬に乗るシーンは是非見てもらいたい。。

 

 

写真 2014-01-28 21 05 34

 

ゲームをプレイ中はこんなにも景観に差が。

仮想現実にのめり込み過ぎてヘビーユーザーは自己破産や餓死まで起き、

作中では社会問題にまで発展しているようです。

これからのゲームなら十分にありえそうな問題ですね。

 

 

ルサンチマン1

 

左ページの青年は主人公のアバター。右が現実の姿。ツライ。

このアバターで月子ちゃんと色々ありながら仲を深めていきます。

 

 

ゲームにハマり過ぎて親に怒られた経験とかありませんか?

ついつい熱中して時間を忘れてしまうあの感じ。

僕はゲームキューブの「ZOIDS VS」めっちゃハマったなー、、

ハマり過ぎてしまう中毒性や依存性があるのもゲームの怖いところ。

そういうゲームの怖いところも「ルサンチマン」では感じられます。

 

 

基本的には性欲の塊のような男がドタバタ奮闘するとても笑える漫画です。

ダメ人間たちが自分の生きる場所を求め仮想現実の世界にハマる姿はどこか悲しく、

現実にはいない美少女たちのために一生懸命になる姿に胸が熱くなります。

笑えて泣けるなかなか熱い漫画で、全4巻とは思えない程の広い世界観と濃いストーリーです。

 

 

花沢健吾さんは「ボーイズ・オン・ザ・ラン」が映画化されていたり

連載中の「アイアムアヒーロー」が話題だったりするのですが、

個人的にはこの「ルサンチマン」の方が好きです。

花沢健吾さんの漫画を読むと 気持ちが奮い立たせられます。

一種の薬のように定期的に読んでしまいますね。

 

 

花沢漫画、気になった方は是非読んでみてください。

 

 

それと、仮想現実について面白い記事があったので併せて載せます。

これから「ルサンチマン」の作中のようなオンラインゲームが登場するのも時間の問題ですね。

不安もあるけど、

やっぱりワクワクしますね。

 

 

仮想現実でついに戦場カメラマンが出現

仮想現実用ゲームコントローラーの主役になるのはどの機種なのか?

 

花沢健吾 Twitterアカウントはこちら

 

 

 

↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (1)
このエントリーをはてなブックマークに追加


«

»