携帯電話と宇宙人 | Tana



携帯電話と宇宙人


↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (1)

089_p

 

月1限定、共通テーマで記事を書こう!

ということで栄えある第一回目は、見事くじで選ばれた「携帯電話」

 

携帯電話で思うことは、やっぱり進化のスピード。

重さ3kgもあり肩にかける携帯電話が登場してからたった30年でここまできました。

もうカメラも、音楽プレーヤーも、テレビも、財布も、インターネットも、本も、地図も、

ぜーーーんぶ手のひらの中です。

めまぐるしい進化です。

 

3kgもある携帯電話を持ち歩いていた人が、30年後の現在の携帯電話の姿を

はたして予想できたでしょうか。

 

では、更に30年後、携帯電話はどんなものになっているのか。

 

僕はこう予想しています。

それは、テレパシーみたいになっている

です。

 

あのよく宇宙人が使うやつ。直接頭に聴こえてくるやつ。

 

そんなことを思い始めたのも2005年ドコモの広告を見てからです。

 

 

携帯電話

 

これです。

「CEATEC  JAPAN  2005」で発表された

指輪型携帯『Yubi-Wa』

 

「骨伝導」を使い、指を耳の穴に差し込んで通話します。

振動が指輪本体から指に伝わり、耳の骨から音として聴こえる。

「骨伝導」ってワード、一時期流行りましたよね。

 

 

携帯電話2指先が触れるリズムを、内蔵センサーで感知する。Yubi-Wa®を使うと、発信・着信/終話などの操作が可能。本体を指に装着し、指先を耳の中に差し込んで使用。骨伝導スピーカーからの振動が指を通して耳に伝わる。

 

 

指をこすり合わせたり、指で耳元をトントンと叩いたりして、

その動作をセンサーがコマンドとして受け付け、

発信や着信など通話の操作をします。

 

 

 

めっちゃ未来的です。ドコモ面白いことしてんなー

そしてこれがどんどん進化してったらどうなるんだ? と当時考えたら

携帯電話って、いつか、

 

体に埋め込むんじゃね?

 

ってひらめいた。

この骨伝導の仕組みなら十分可能だし、

未来なら「携帯電話まだ手に持ってるの?プププッ」とかありえそう。

 

いずれ携帯電話が体に埋め込まれて、通話がテレパシーのようになって

そのうち宇宙で暮らせるようになって無重力だから筋肉も必要ないから体が細くなって

頭と目だけ良くなって脳が発達していって大きくなって

次第に肌の色も環境の変化によって変わっていって……

あれ、、、、宇宙人って人類の未来なんじゃ…!!!!

 

とか色々と、当時この広告を見て、

僕は、妄想だけど少し宇宙人に近付いた気がしました。

 

だから僕にとって今の携帯電話って「テレパシーまでの試作品」だと思ってます。

きっと脳波やらを読み取って、いつか感情をダイレクトに伝えられるようになるんじゃないかなー

超能力とか神秘的な力ではなく、科学の力でテレパシーを作ってくれる気がしています。

今の最新技術は、そんなことを考えさせてくれる程に進んでいます。

 

 

携帯電話は、最先端技術を感じられる一番身近なアイテムだと思います。

この先どう進化していくのか

僕たちは楽しみにせずにはいられません。

 

 

 

 

↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (1)
このエントリーをはてなブックマークに追加


«

»