本日の一杯:ピルスナー・ウルケル | Tana



本日の一杯:ピルスナー・ウルケル


↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (0)

 

うるける
 

どうもイズミです。

僕はずっと飲んでみたいと思っているビールがあったのですが先日そのビールをついに飲みました。

 

そのビールとは、ピルスナー・ウルケル

瓶の状態であれば、飲めるお店も普通に結構ある様ですし、

お酒好きの方からすればそう珍しいものでもないのかもしれませんが中々飲む機会がありませんでした。

そもそも何故僕がこのビールを飲んでみたいと思っていたのかと言うと、

『もやしもん』という漫画の影響です。

 

もやしもん
 

この作中で醸造を学ぶ学生、武藤葵がとある出来事をきっかけに『ビールとは何か?』思い悩む様になります。

そしてバーで働いている友人に、その質問を投げかけた所、『ビールって何?って言われるとまずコレを思い出す』と勧められたビールが、ピルスナー・ウルケルです。

 

ビールって何?
 

ビールには、エールと呼ばれるタイプのビールと、ラガーと呼ばれるタイプのビールの2種類があります。

日本人が好んで飲んでいるビールのほとんどはラガータイプの亜種であるピルスナーと呼ばれるタイプのビールです。

ウルケルはそのピルスナータイプの元祖です、作中の言葉を借りるのであれば、

「世界が驚きを以て迎えひれ伏したピルスナーの王」です。

僕はこれを読んでからずっと、「ウルケルを飲んでみたい」という思いを胸に奥底に抱いていたのですが、

実際バーや酒屋さん等に行った時にはその事をすっかり忘れていたりして、正直まともに探してみた事すらありませんでした。

 

ですが先日、弟がドイツに旅行に行った際に、弟から「ウルケルが安い。」というメールが届き、

「まじか、じゃあ買ってきて。」という流れで今回ウルケルを入手したわけです。

ウルケルはチェコのピルゼンで出来たビール(ピルスナーという名称もそこから来ている。)なのに、

なんでドイツ土産にウルケルなんだって部分もありますが、それはまぁ安いんだから仕方ないじゃないかと言う事で。

もちろんドイツビールも色々と買ってきてもらってるので、そちらも後々ご紹介していきたいです。

 

以下実際に飲んでみて。

 

ウルケルグラス
 

色はご覧の通り、奇麗な黄金色です。

肝心の味ですが、はっきり言って僕は味にかんしてはあんまり知識のストックがない為あんまり細かくは言えないのですが、とにかく飲みやすいです。

苦みが強いのに後味がすっきりしているのです。

単純においしい、ピルスナーの王と言われるだけの事はあります。

 

記事の冒頭部分で『瓶であれば』という言い方をしましたが、ウルケルの『樽生』を置いてる店は中々希少な様です。

是非一度は樽生で飲みたいなーと思っています。

 

 

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽ L I N K ▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽

 

 

ウルケル樽生が飲める店:Tail’s ALE HOUSE

 

↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (0)
このエントリーをはてなブックマークに追加


«

»