史上最低の映画監督 | Tana



史上最低の映画監督


↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (0)

 

エドウッドtop
 

どうも火曜日更新担当イズミです。

今回はタイトルにもある通り、「史上最低の映画監督」について語らせて頂こうと思います。

「史上最高の映画監督は誰か?」、もしそう問われたら僕は答える事が出来ないと思います。

個人的な好みはあれど、「史上最高」の監督を1人にしぼる事は難しいです。

ですがもし「史上最低の映画監督は誰か?」と問われたら、僕は敬意を込めてこう答えます、

「史上最低の映画監督はエド・ウッドである」と。

 

エドウッド
 

“エド・ウッド(Ed Wood, フルネームは Edward Davis Wood, Junior, エドワード・D・ウッド・Jr.、1924年10月10日 – 1978年12月10日)は、アメリカの史上最低といわれた映画監督。彼は、映画プロデューサー、脚本家、俳優をすべて務めた。自らが製作した映画がすべて興行的に失敗した為、常に赤貧にあえぎ、貧困のうちに没した。死因はアルコール中毒。” ※wikipedia参照

 

wikipediaにも”彼の映画の出来が、一義的には「最低最悪」であることに異論をはさむものは少ない”と書かれているのですが、とにかく彼の映画は出来が悪いのです。

セットもやたらチープであったり、役者もひどい大根役者、話も破綻していたり、ずっと見ていた筈なのに前後の繋がりがわからない事も多々あります。

どこがダメかと言われると、もう1から100まで全部ダメです、全部ダメなので目立って「ここがダメ」、というポイントがあるわけでもないので、見れば意外と見れてしまいます。

でも見れるだけです、「結局これはなんだったのだろう…?」という不思議な感覚だけが残ります。

とにかく映画が大好きで、映画を作りたくて仕方ないのに、作る映画は最低の出来の物ばかりという希有な方です。

 

 

カルト的な人気

彼の映画は全て最低最悪の出来にも関わらず、熱烈なファンが多数います。

『プラン9・フロム・アウタースペース』の上映権を安く買いたたかれた結果、深夜テレビの映画枠で繰り返し放送され、一部でカルト的な人気を得たようです。

そしてそれが評論家の目に止まり、1980年に「ゴールデンターキー賞」という本にお いて「歴代最低映画」として紹介されるに至りました。

僕の知り合いにも1人『エド・ウッド狂』とも言えるような映画監督の卵がいるのですが、映画関係者に愛される傾向にあるのか、彼のファンを公言している映画監督もいます。

ティム・バートン、ジョン・ウォーターズ、デヴィッド・リンチ、サム・ライミ、クエンティン・タランティーノといったそうそうたるメンバーです。

確かに不思議な魅力があるのはわかります、どこまで考えて作っていて、どこから考えていないのか、はたまた全て考え抜いた結果でのこれなのか、そういった点に関しては彼の作品は非常に興味深い作品です。

また映画が全く評価されなかったにも関わらず、映画を撮り続けたという点に関しては物作りに関わる人間として、見習うべき姿勢だなと思います。

 

 

代表作

一応代表作を軽く紹介させて頂きますが、決しておすすめはしません。

観賞は自己責任で。

 

グレンとグレンダ

 

グレンとグレンダ
 

エド・ウッドの長編デビュー作。目玉俳優にベラ・ルゴシ、女優にエド・ウッドの当時の恋人ドロレス・フラー。

異性装と性転換を題材にしたドキュメンタリー・ドラマであるこの映画は服装倒錯者であるエド・ウッド監督の実質的な半自叙伝であり、女装趣味のあったエド・ウッド本人が主演をしている。

何を意図して使用されたのかわからない、鑑賞者からすると全く関係がないとも思える映像が挿入されていたりと一作目にしてなかなかの出来です

 

怪物の花嫁

 

怪物の花嫁
 

ベラ・ルゴシ演じるマッド・サイエンティストが、放射能で人間を巨大化しようと企むSF映画。

一応ホラー映画でもある…のかな…?

巨大化したタコと戦うシーンがあるのですが、タコは全く動きません

また巨大なタコのハリボテを使っているシーンと普通のタコを使ってるシーンがあるのですが、

タコのカットと人が襲われているカットを交互に見せる事で、巨大な感じに見せたいのはわかるのですが、普通のタコは普通のタコにしか見せません

 

プラン9・フロム・アウタースペース

 

プラン9
 

「史上最低の映画」として紹介された作品。

その名に恥じない出来、セットのチープさが素晴らしい!

また主演のベラ・ルゴシが制作途中で死んでしまっている為、途中から彼の役は代役になっているのだが、当然顔が違うため、代役は常に顔の大部分を隠している

ここまで振り切れているといっそ見応えがありますね!

 

 

ティム・バートン監督「エド・ウッド」

 

ティムバートン_エドウッド
 

エド・ウッドファンを公言しているティム・バートンの手によって彼の生涯が映画化されています。

こちらはエド・ウッドの人間的な魅力を描いており、普通にオススメ出来る映画です

 

作中で、出資者があれこれと口を出してきて、自分の思う様に映画を撮れないエド・ウッドが怒って撮影現場から飛び出すシーンがあります。

そこでエド・ウッドが出合うのが、『市民ケーン』の監督として有名な『オーソン・ウェルズ』なのですが、オーソン・ウェルズは彼にこういいます、

「夢のためなら戦え。他人の夢など撮ってどうする?」

この言葉を聞いて僕は、実際に彼がそんなことを言ったかはさておき、『わー、格好良いなぁ。巨匠は言う事が違うなー。僕もこの言葉を胸に刻もう。』と思ったのですが、

その後その言葉を聞いたエド・ウッドが奮起する様子を見て、『いや!お前は落ち着け!』と思ってしまいました。

 

 

史上最低で最高の監督

あれこれ、色々言いましたが、結局の所僕もエド・ウッドの事が好きですし、全く評価されなかったにも関わらず、映画を作り続けた彼の姿勢は尊敬に値すると思っています。

彼の作品はおすすめ…とは言いませんが、一度見てみるのも良いかもしれません。

↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (0)
このエントリーをはてなブックマークに追加


«

»