LINEスタンプの審査が通った話 | Tana



LINEスタンプの審査が通った話


↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (0)

B82TnLFCcAEB2ko
 

★★★スタンプの購入はこちらから★★★

以前、ラインスタンプの審査が通らなかった話という記事を書いた僕ですが、実はそこで紹介した物とは別にスタンプを作っていました。

昨年8月頃に申請し、一度リジェクトが出て修正対応。

申請から6ヶ月程、忘れた頃にスタンプの販売開始です。

 

さてではどんなスタンプかと言う話ですが、トップ画像にもあるように単孔類のスンタプですね。

単孔類とは哺乳類であるにもかかわらず卵生で,消化管,排尿管,輸卵管が同時に開口する総排泄孔をもつというなんだか面白い動物です。

カモノハシや、ハリモグラ等がそうです。

01
29
 

随分審査に時間がかかったため、正直今見るとこれはもうちょっと修正したいなと思うものもあります。

また、実際にスタンプになった時に見栄えがいい物と良くない物がはっきりとわかれるなぁとも思いました。

縦に長い物や横に長い物はどうしても印象として小さくなってしまうので、縦横のサイズが近いイラストが良い様です。

次回作る時はこの経験を活かしたいです。

 

おすすめのスタンプはこの、カモノハシのかぶり物をしているハリモグラですね。

使いどころはわかりませんが。

 

36
 

★★★スタンプの購入はこちらから★★★

 

ちなみにスタンプを作ると言う事に関しては、40個作るのは結構厳しかったです。

同じキャラクターをある程度の制限がある中で、きちんと40個つくるというのはもの作りを仕事にしている人であれば、能力の成長にもつながると思うので、皆さんもやってみるといいと思います。

 

余談

スタンプがどれだけ使われているのか、どこで使われているのかをサイト上で確認する事が出来るのですが、

送信数、受信数は別々に表示されます。

送信数と受信数の数が一致しないためおそらくグループ等で使用されると、見た人全員が受信した事になるのだと思います。

で、このスタンプなんですが。

 

統計
 

書かれている数字、『2』が送信数で、『196』が受信数です。

一体どんな状況で使われたんだ。

 

あとトルコの人がやたら送信していたり、台湾の人がやたら受信していたりするのも面白かったです。

↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (0)
このエントリーをはてなブックマークに追加


«

»