crazy about ○○ | Tana



crazy about ○○


↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (0)

 

タイトル
 

今月の共通テーマは『皆は嫌いだけど自分は好きな物』という事なのですが、思い付いた物がいくつかあります。

それを僕が個人的に思う『世間に受入れられてそうな順』で発表して行こうと思います。

 

その1 Dr.Pepper

4902102030038
ちょっと癖がある清涼飲料水としておなじみのDr.Pepper、大好物でございます。

今でこそそこかしこで売ってるのですが、僕が中学生の頃等は取り扱っている店舗が非常に少なく(僕の地元では)、

自転車を走らせてちょっと離れた所まで買いに行ってました。

Dr.Pepperはその独特な味もさることながら、缶の色が超好きです。

あと最近はロゴだけのパッケージになっていますが、一時期ロッキン・ジェリービーンさんや今井トゥーンズさん等の格好よろしい絵を描く絵描きさんの絵がパッケージになっていた時期があり、その時期は空になったボトルを並べて悦に入っていました

これは最近、売ってるお店も増えたし、結構友人なんかも抵抗感なく飲んでる方が少なくないのでとりあえずこの位置に置かせて頂きました。

いつかは行きたいDr.Pepper ミュージアム。

http://www.drpeppermuseum.com/

 

その2 ルートビア

ルートビア
時々僕は「ルートビアを飲まないと死ぬ」という衝動に襲われる事があります。

beerと名前に入っていますがビールではないです、飲んだ人はみんなこういいます、『湿布味』と。

これはDr.Pepperより更に好き嫌いが別れるのではと思います。

僕はこのドリンクの、バニラテイストと、湿布の様な香りがどうにも癖になってしまっています。

デイリーポータルZさんのこちらの記事でコーラをルートビアにする事に挑戦していますが、レシピを見ただけでこれは似ているとわかります。

 

その3 カバ

こちらの記事で紹介させて頂いたカバという飲み物。

僕は留学中これがとても気に入って、『すきあらばカバ!』という状態だったのですが、他の方々は『信じられない』といった様子でした。

ちなみにお土産として持ち帰ったカバをTanaメンバーと共に飲んだのですが、彼らには『泥水』『これが好きなんて頭がおかしい』と罵声を浴びせかけられました。

個人的には舌がぴりぴりする感覚や、カバを囲んでいる時のゆっくり時間が流れる感じがとても好きです。

 

その4 龍角散の味

196733bd57195f0a61e6cc74adbbef88
飲み込むけど決して食べ物ではない龍角散。

あえてという言い方をさせてもらうのは、龍角散の効果に信頼を置いて愛用している方は結構いるのではと思うからです。

が好き、という言い方をしておいてどんな味かと聞かれると説明出来ないのですが、僕はこれを口に含むと少し幸せを感じます

山盛り食べたい感じではないですが、付属の小さいスプーンでちびちび味わいたいですね。

 

その5 イソジンの味

イソジン
ついに口に含むけど飲み込みすらしない物が出て来ました。

僕とイソジンの出会いは幼稚園に通っていた頃でしたが、僕はその頃からかなり最近に至るまで、

イソジンは普通に「おいしい物」だと思っていました。

僕個人の感覚の問題ではなく、世間的にも「おいしい物」なのだとばかり思っていたのです。

小さい頃はうがい用のコップに少しでもたくさんイソジンを入れたいと思っていました。

世間的にはこれがおいしいものではないと知った時は結構な衝撃でした。

 

イソジンは口に含む物ではありますが、副作用のある薬品です。

あまり多用する事は出来ません。

なんとかイソジンのあの味を思う存分に味わう方法は無いのかと、ネット上で調べた所、なんでもマルティーニ ロッソというお酒が少しイソジンのようなテイストだとか。

こんど試してみようと思います。

05081539_536b26923bc8e
 

薬っぽい味が好きっぽい

如何だったでしょうか、僕の「皆が嫌いだけど自分は好きな物」。

こうやってまとめてみて自分で気付いたのですが、なんか薬っぽい味の物が好きっぽいですね。

でも苦い物は好きじゃないので、薬っぽいけど苦くない物が多分好きなんだと思います。

なんかぼやっとしたまとめになってしまいましたが、この記事を読んで僕が好きな彼らに少しでも興味を持って頂けたら幸いです。

↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (0)
このエントリーをはてなブックマークに追加


«

»