僕の留学体験期 その5 | Tana



僕の留学体験期 その5


↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (0)

 

気をつけて5 

※ネット接続環境の都合によりこれからしばらくイズミの記事は「フワッ」とします。
※ネット環境改善後、現地からの写真などを加えさせていただき締めたいと思います。

 

 

イズミは現在語学留学で某島国に来ています。

※留学期間中は『某島国』で統一させていただきます。
※留学終了後国名を訂正させていただきます。

 

 

 

先週に引き続き僕が留学で経験していることを紹介させていただきます。

興味がある方は前回までの記事を見ていただければと思います。

 

 

 

 

今回は共通テーマ週間なのですが、テーマ的に現在続けているシリーズと関連づけられそうだったので

シリーズの一環として記事を書かせていただきます。

テーマは「日本に生まれて良かった事」です。

 

 

 

第9章 僕と米

こちらでの主食はどうしようかなと考えて、とりあえず最初にお米を買ってみました。

多分おいしくないんだろうなと思いながら買ったんですが、やはりおいしくなかったです。

ぽそぽそ、もそもそしてました。

炒めたり、なにかかけたりすればおいしく食べられますが、そのままはとても食べれません。

 

日本に生まれて良かったポイント その1

米がうまい

 

 

main-thumb-320x266-93
 

 

 

第10章 僕と蚊

タイトルを「僕と蚊」と設定しましたが「僕と窓」と言い換えても良いと思います。

まず僕の部屋まるっと一つ窓がとれていました。

最初は、

「これがこの国か…!」

と思った物の後々確認したところそれは単純に学校側がその事実に気づいていないだけでした。

その窓に関しては修理される事になったのですが、それ以外の窓も隙間がたくさんあいています。

隙間から蚊がたくさん入ってくるのです。

「ああ、日本の建物ってよく出来てるんだなぁ。」

と改めて感動しました。

 

日本に生まれて良かったポイント その2

家がよく出来てる

 

 

sassi01
 

 

 

第11章 僕とシャワー

日本にいる時は特別便利だと感じなかったのですが、日本のシャワー便利です。

僕がいるこの国ではシャワーヘッドが壁に直についていて、まぁ用はプールとかにあるような感じのシャワーになっています。

ホースがない状態ですね。

あのホースに対して思いを馳せた事はなかったのですが、とても重要な要素だなと思いました。

 

日本に生まれて良かったポイント その3

シャワーが自在に動かせる

 

 

1068-250815-r1
 

 

第12章 僕と醤油

日本人なら誰でも醤油大好きですよね!

僕も例にもれず、醤油大好きっこです。

当たり前と言えば当たり前なのですが、こちらは醤油がすごく高いです。

二ヶ月ほどしか滞在しないのに使いきれもしない高い醤油を買うのは抵抗があります。

 

スーパーの醤油コーナーでキッコーマンの醤油を「高いなぁ…」と眺めていたときふと気がつきました。

となりに別の醤油があります。

中国語がたくさん書いてありました。

この国の人たちは Chinese soy sauce 、 Japanese soy sauce と呼び分けているようです。

そちらの醤油、どういう訳かキッコーマンに比べて格段に安い。

僕は不安に思いながらもとりあえずその醤油を買って帰りました。

 

その日の夜料理に使ってみました。

独特の臭みがありました。

中華料理に使えばおいしいのかもしれませんが、僕にはとても使いこなせません。

結局僕はその後、キッコーマンの醤油を買いました。

 

日本に生まれて良かったポイント その4

醤油が安くてうまい

 

 

kikkoman-syoyu
 

 

 

 

本日の記事いかがだったでしょうか?

現在海外に滞在している事もあって正直いくらでも思いつくような気がします。

毎日一回は、「あ、帰りたい。」と思う瞬間があります。

それに気づけたのもこの海外滞在があってこそなので、そういう意味では貴重な経験です。

 

まぁ日本で生まれ育ってしまっているので、日本を好きになってしまうのはある程度仕方ないなと思うので、

個人的には他のライターの皆様の、「日本に生まれなければ良かった」と思うポイントも知りたいところです。

 

 

 

 

↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (0)
このエントリーをはてなブックマークに追加


«

»