僕の留学体験期 その4 | Tana



僕の留学体験期 その4


↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (0)

 

気をつけて4
 

※ネット接続環境の都合によりこれからしばらくイズミの記事は「フワッ」とします。
※ネット環境改善後、現地からの写真などを加えさせていただき締めたいと思います。

 

 

イズミは現在語学留学で某島国に来ています。

※留学期間中は『某島国』で統一させていただきます。
※留学終了後国名を訂正させていただきます。

 

 

 

先週に引き続き僕が留学で経験していることを紹介させていただきます。

興味がある方は前回までの記事を見ていただければと思います。

 

 

 

第5章 僕と寮

さてさて無事に某島国につきました、今回からはそこから先の話なのですが、

まぁ学校に通い始めた訳ですが、学校でやる事と言えばボキャブラリーの授業や、会話の授業、後は文法なんかもやったりします。

ですがまぁ授業内容に関しましてはあんまり事細かに説明しても仕方ないかなと思うので、

生活の中で気づいた事なんかを中心にお話しさせていただきます。

某島国での生活は、ホームステイでの生活、または寮での生活のどちらかが選べたのですが、

僕は悩んだ末に寮を選んでいました。

というのも多少仕事を持ち込むつもりだったのと、サイトの更新の事も考え、

せっかくホームステイしているのにPCと向かいあってばかりになってしまったらホストファミリーの方に申し訳ないなぁと思ったからです。

学校での簡単な説明が終わり僕は寮に案内されました、寮に行く前に何か必要な物を買っていけと言われたので、

僕は袋に入ったインスタント麺、パン、トイレットペーパー、シャンプー、リンス、歯磨き粉、石けんを買いました。

正直、寮に何があるのかを確認してから買い物をしたいなと思ったのですが、

案内してくれる方が寮に行く途中に、今ここで買っていけというので仕方なく必要そうな物を買いました。

そして寮についてみると、そこには何もありませんでした。

男子寮は僕以外に入居者がおらず、最後に人が入っていたのも三ヶ月以上前のようでした。

消耗品の類いは何もありませんでした。

とはいえ、とても清潔な寮だったので特に問題はないかなと思ったのですが、

コンロが使えませんでした。

さらに電子レンジも動きませんでした。

案内してくれたスタッフの方に、事情を説明すると。

「わかった近日中に直しとく!お前インスタントの麺買ったろ!電子ケトルでお湯はわかせるから大丈夫さ!(実際には英語でしたがイメージです。)」

と言った感じの事を言われました。

僕は、カップ麺と違って袋麺はケトルでは厳しいな、と思いながら、

「あっ、はっ、はい…!」

という感じの返事をしました。

僕はその晩、芯の残る固いインスタント麺をすすりながら、

「ホームステイの人は今頃うまいもん食ってるのかな…。」

と考えていました。

 

留学のポイント その6

ホームステイにするか寮にするかは慎重に選ぶ

 

 

RIMG0879
 

 

 

第6章 僕とシャワー

さてコンロや、レンジの他にも問題はありました。

それはシャワーです。

はじめにお湯を出そうとすると茶色い水がぽたぽたと出ました。

まぁしばらく使っていないみたいだし仕方ないか、としばらく待っていました。

水が透明になった頃、シャワーから出ている水に触れてみました。

冷たいままでした。

もう数十秒はまったというのにまったく水のままでした。

僕は「まさかお湯が出ないのか?」とぼんやり思いながら、とりあえず使っていれば出るかなと冷たいシャワーを浴び始めました。

ちなみに初日はシャワールームの電気も切れていて、真っ暗な中でのシャワーだったため早めにすませたいなと思っていました。

じっくり浴びるのは電気がなおってからで良い、と考えそそくさと体を洗ったのですが、

水が冷たいまま浴び終わりました。

いくらお湯が出るのが遅くても、最後の方には温かくなってくるかなと考えていたのですが、全く冷たいままでした。

「この国ではお湯が出ないのは当たり前なのだろうか…?」、と不安になりながらその日は寝ました。

翌日以降わかった事なのですが、お湯はちゃんと出ます。

ただお湯が出るまでに数分かかります。

僕はシャワーを浴びる前に、お湯で洗い物をして、お湯が出る状態にしてからシャワーを浴びるようにしました。

そうすると直接シャワーを使い始めるよりお湯が出てくるのが少し早いです。

クラスメイトの方々に聞いてわかったのですが、ホームステイの場合はお湯が出ないご家庭もあるようです。

やはりいろんな面で、日本ほど快適には行かないようです。

 

留学のポイント その7

不便さも楽しむくらいの気概で行く

 

 

418ef08a
 

 

 

第7章 僕と異国の夜

前述しましたように寮には僕一人でした。

知らない土地で一人暮らしです。

さてこの国、治安はどうなのか。

ちなみに学校の方には、急に銃で人が撃ち殺されるような社会ではないと聞いています。

しかし日本人観光客や、日本人留学生などがスリやひったくりなどの被害に多数あっているのは確かのようです。

まぁ日本人というのは金を持っている上に、見た目弱そうなので狙われやすいのでしょうね。

ただ被害にあう人のほとんどは、夜人通りの少ない通りを1人で歩くなど、不用意な行動をしているようです。

気をつけていればそういった被害にあう事もほぼないようです。

某島国の人間はほぼバスかタクシーで移動します。

歩いて移動するなど島の人間と違う行動を取ると狙われやすいようです。

もう1つポイントとしては髪を染めたりしない事、女性の場合は露出の多い服装をさける事、がポイントの用です。

こういった格好をさける事で、日本の人間なのか他のアジア諸国の人間なのかわからなくするという事で危険度が少し下がると聞きました。

(この話の信憑性は微妙ですし、実際そうだとしてもどうかと思う話ではあるのですが。)

日本ほど安全な国とはいえないにせよ、ここはかなり安全な国のようです。

いくつか気をつけていれば特に問題はないと思います。

ただ僕の泊まっている寮の近くには何かしらのバーかクラブのような物があるようで、

遅くまで話し声が聞こえてくるのが怖いです。

先日は何か破裂音の用な物が聞こえました。

怖いです。

 

留学のポイント その8

治安は多分問題ないけど注意するところは注意する

 

 

 

↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (0)
このエントリーをはてなブックマークに追加


«

»