僕の留学体験期 その2 | Tana



僕の留学体験期 その2


↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (0)

 

気をつけて2
 

※ネット接続環境の都合によりこれからしばらくイズミの記事は「フワッ」とします。
※ネット環境改善後、現地からの写真などを加えさせていただき締めたいと思います。

 

 

イズミは現在語学留学で某島国に来ています。

※留学期間中は『某島国』で統一させていただきます。
※留学終了後国名を訂正させていただきます。

 

 

先週に引き続き僕が留学で経験していることを紹介させていただきます。

興味がある方は前回の記事を見ていただければと思います。

 

第2章 僕と隣国2

先週から読んでいる方は、まさか週をまたいだのにまだ韓国の話をするとは思わなかった事でしょう。

ちなみにLOTTEさんのホテルはすこぶる快適でした。

とても清潔感のあるホテルで、廊下はまるでLOTTEのミントガムのような香りがしました。

スタッフには日本語を喋れるスタッフもいて、日本人でも安心です。

とても快適でした、しかし僕は翌日ちゃんと飛行機に乗れるかで頭がいっぱいでした。

不安でいっぱいな気持ちをNHKを見て落ち着かせていました。

(韓国ならどこでも映る物なのかはわかりませんが、とりあえず僕の泊まったホテルでは映りました。)

LOTTEさんのホテルはWi-Fiがフリーだったので、泊まっている間仁川空港までの交通手段について調べる事ができました。

 

 

翌日、11時頃にホテルをチェックアウトしました。

飛行機のチェックインまで7時間ほど時間があったのですが、

ちゃんと行けるのか不安だった僕はすぐに仁川空港に行こうと思いました。

しかしまったく韓国を見ないで空港に行ってしまうのももったいないかなと思った僕は、

LOTTEさんのホテルに併設されているショッピングモールを見てみる事にしました。

モールと空港をつなぐ地下通路に無料で荷物を預けられるロッカーがあるので、そこにトランクを預けていきました。

僕はショッピングモールという物の雰囲気が好きなので、それなりに楽しめました。

しかし、ショッピングモールに売っているような物は日本にあるものとさほどかわりませんし、

もし何か面白い物があったとしてもこれから飛行機に乗るのに荷物は増やしたくありません。

ましてや僕は骨折しています。

する事がなくなった僕は、自分が乗る電車を確認しにいきました。

アレックスという電車一本で行けるという話ではあったのですが、

アレックスにどこから乗れば良いのかわかりません。

しかし案外あっさりと解決しました。

地下通路の天井の案内表示に電車の名前が書いてなかったため、

最初こそ不安に思ったのですが、行き先がばっちり書いてありました。

そして券売機も念のため確認したのですが、券売機には日本語の案内がありました。

(韓国はどこに行っても日本語があって、日本人に優しいです。)

 

 

問題が解決した僕は、

ふと、

暇だなと思いました。

 

 

僕はLOTTEモールの地下にトランクをおいたままソウル行きの電車に乗りました。

仁川空港に行くのと同じ電車のちょうど反対側の端がソウルだったので、

後でトランクを回収し仁川空港に向かえばいいと思いました。

ソウルについての情報は特に持っていませんが、ソウルと言えば韓国の首都です。

首都に行けば何かあるだろうと期待に胸を膨らませ行きました。

 

 

img_2
 

 

 

駅をおりるといかにも首都という雰囲気でした。

ビルが立ち並び、大きい道が通っています。

しかし、ぱっと見楽しめる感じの場所がありません。

見ると皆、タクシーやバスで移動していきます。

もしかしたらここからさらにどこかへ移動しないと楽しめない街なのでしょうか…?

徒歩圏内でも楽しむ事が可能なのかもしれませんが、

僕が1人で歩いた感じでは、これはと感じる場所はありませんでした。

やはり下調べなしで知らない国を楽しむのは難しいです。

僕はすごすごと空港に向かいました。

 

留学のポイント その3

飛行機の乗り換えで長時間別の国におりるのであれば その国についてもある程度調べておく

 

 

 

まさかの第2回目も某島国につかないまま終了という結果になりましたが、

「隣国で一泊するという事に出発当日に気づく」というのは僕にとってかなり衝撃的な事だったため、

少し力をいれてその件について触れさせていただきました。

次回からはいよいよ留学本番です。(多分!)

 

 

 

↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (0)
このエントリーをはてなブックマークに追加


«

»