本日の一冊:なにかもちがってますか | Tana



本日の一冊:なにかもちがってますか


↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (0)

もちがってますか

特に何にも詳しくない人間が好きな物を語る 第三回

3度目の投稿となります、イズミです。

このサイトを使ってやってみたい事は色々とあるのですが、しばらくは漫画と映画の話が中心になるかなと思います。

本日は2度目の漫画編です。

 

好きな漫画編 第二回

鬼頭莫宏 『なにかもちがってますか』2009~

 

表紙

 

あらすじ

日比野光は、物心ついた時からいつも身体に違和感を覚えていた。中学3年生になった始業式の日に一社高蔵が転校してくるが、不良少年・亀島俊夫に女顔を指 摘されたことが元で乱闘を始める。光の眼前で机を振り上げる一社だが、机の脚が突然切断され、バランスを失った一社は机を取り落とす。その日の放課後、一 社に呼び出された光は、光の机の中で見つけたと言う鉄環を見せられる。一社はそれが机の脚を切り取った中間部分だと言い、彼の口から「自分の近くにあるも のと目標をキューブ状に入れ替える」能力があることを知らされる。その能力を一社に買われ、光は彼と共に世の中の間違いを正すことになるのだが、まだ中学 生に過ぎない彼らには思い通りにいかないことばかりで、すぐに壁にぶつかるのであった。

 

※wikipediaより引用

作者 鬼頭莫宏情報

1966年生まれ

1987年デビュー

代表作

なるたる

ぼくらの

のりりん

 

なるたる

けっこうえげつない設定とか描写が多い印象


僕なりに簡単にまとめるなにかもちがってますか

確実になにかもちがってるけど何がもちがってるのか。

 

登場人物

日比野光

日比野

 

何気ない毎日を送っていた少年。

一社との出会いにより特殊な力を開花させる。

至って普通の少年。

 

一社高蔵

一社

 

光の通っている中学校に転校して来た少年。

中世的な顔立ちだが性格は尊大で冷徹。

世の中を正す為に光の力を利用しようと考える。

「ルールを守れない者や出来損ないは、殺しても良い」と考えている。

 

主人公の持つ能力

転校初日、クラスの不良にその顔立ちを「女みてー」と言われた一社は机を使って殴り掛かる。

しかし掴んでいた机の足が突如として折れてしまう。

 

折れる机

 

クラスの担当教師は、「金属疲労とかだろう」と言ったが、その折れ方に違和感を感じた一社は、この不可解な現象は光が起こしたのでは、と考える。

 

これはなんだ

折れた机の足の破片が光の机の中から発見される

 

光は自覚無くやった事であったが、光には「どこかとどこかを入れ替える」能力があった。

 

水と入れ替える

水と空気を入れ替えた場合このようになる

 

一社は光のこの能力を利用し、世の中を正そうと考える。

 

本作の好きな点

何が正しいのか

一社は非常に偏った考え方で独自の理論を展開していく。

 

2013-11-03 16.22.48

 

2013-11-03 16.26.19

 

2013-11-03 16.29.43

一社はすぐ殺すとか言う

 

そんな一社の理論に時には反発しながらも、なんだかんだ説得され、次から次へと人を殺して行く光。

 

2013-11-03 16.31.56

自分がやってしまった事を自覚し罪の意識を感じる光

 

一社の理論は極めて独善的な物であり、とても身勝手な行為である。

これがとんとん拍子で全てうまく言ってしまうのであれば、僕は一社を「ひどいやつ」として認識すると思う、しかし一社は結局の所ただの中学生である、思い通りに行かないも多く、普段はクールぶっていても、子供っぽい面もドジな面も持ち合わせている。

 

2013-11-03 16.28.47

 

2013-11-03 16.30.09

失敗すれば普通の子供のようにショックを受けたりムキになったりする

 

そんな彼だから、こんな身勝手でひどい事を行っていてもどこか憎めず、感情移入してしまう部分がある。

 

2013-11-03 21.54.06

自分の無力さを嘆く事もある

 

この場面のすぐ後、今まで能力を使って人を殺す事にあまり積極的でなかった光が初めて自分から「ポイ捨てしている人間を殺そう」と言い出します。

普通に考えればそれだって異常な事ですが、この場面で光が一社の事を励ましたかった、という事はわかるし、2人の間には普通の友情があるという事も見て取れ、その目的以外は本当に普通のどこにでもいる中学生なのです。

そんな2人をみているうちに、僕は段々と自分の中の倫理観がずれて行くのを感じ(もちろん漫画の中だからですが)、「あれ?何か間違っているかな?」とタイトルそのままの感想を持ってしまいます。

なんか読んでいるともにゃもにゃしてくる非常に面白い漫画なので、オススメです。

↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (0)
このエントリーをはてなブックマークに追加


«

»