もう、勇者しない『moon』 | Tana



もう、勇者しない『moon』


↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (2)

moon3
火曜更新担当イズミです。

今回は僕が小学生の時にのめり込んでいたゲームの話をしたいと思います。

新しい物や、最近のイベントの話も良いのですが、たまには懐かしい物の話をするのも良いかなと思います。

 

1997年にラブデリックが開発しアスキーから発売されたプレイステーション用ソフト『moon』のご紹介をします。

moonというタイトルのこのゲーム、実際にやったという人は少なくとも、存在を知っている人は多いゲームかも知れません。

 

CMを初めて見た時は衝撃的でした。

 

 

某有名RPGの主人公の主人公の様な風貌の男性が、他人の家に勝手に上がり込み、住人の制止も振り切ってタンスをあけ『あるじゃねぇかよ!コインと剣が!』と言いコインを手に取る。

その振る舞いはとてもひどい物に見えますが、僕らが某有名RPGでやってきた事っていうのはつまりこういう事です。

どのRPGでも人の家に上がり込み、棚であったり壷であったりを調べて物を探すと言う動作は割と基本動作です。

見つけた物は当然のように持っていきます。

 

 

もう、勇者しない

 

moon2
 

CMで使われている、『もう、勇者しない』というフレーズですが、このゲームはそのフレーズの通り『勇者』という存在が出て来る多くのRPGへ疑問を投げかける作りになっています。

このゲームは主人公の少年が、『MOON』というRPGの世界に取り込まれてしまうところから始まります。

主人公は勇者ではなく、勇者が世界を救う様子を目撃していく事になります。

行く先、行く先で、罪のないアニマルを殺してまわる勇者。

そしてドラゴンがいて勇者がいるこの世界の中でも、そんな事とは関係なくそれぞれの人がそれぞれの思いや悩みを持ち、暮らしています。

 

主人公は勇者が傷つけたアニマルを救ってまわったり、世界の住人達の悩みを解決したりする事で『ラブ』を集めてまわります。

 

最終的にはRPGだけでなく、ゲームというものにすら疑問を投げかける様な作りになっていて、この作品のエンディングは是非一度は見て頂きたいなと思います。

 

 

世界観が良い

 

moon4
 

moon5
 

当時10歳?そこそこだった僕にはこのゲームはとても衝撃的でした。

それまで僕がやって来たゲームと言うのは、モンスターは悪者として描かれ、それを勇者が倒す事は正義として描かれて来ました。

その勇者の振る舞いが、『罪のないアニマルを殺してまわる残酷な行為』として描かれていたこと。

そして、それまでのゲームでは背景の一部でしかなかった街の住人達にもそれぞれ生活があり、悩みがあると言う事。

それまでRPGをやっていて感じる事のなかった多くの事を感じました。

 

このゲームはキャラクターの一人一人が本当に魅力的です。

すべてのキャラクターにそれぞれの生活があり、ただうろうろして、色んな人と話をするだけで楽しい世界です。

 

 

音楽が良い

 

当時僕にとってゲームのBGMというのはBGMでしかなかったのですが、このゲームではBGMを『MD(moondisk)』としていくつも持ち歩く事が出来ます。

固定のBGMと言う物が無く、自分の気分で曲を変える事が出来ます。

この曲がどれも良いんです!

MDは色々ありましたが僕は『くつしたの穴』と、CM曲にもなっている『KERA MA GO』が好きでした。

 

 

 

 

キャラクターデザインが良い

 

キャラクターのデザインをしているのが、倉島一幸さんという方なのですが、この方のかくキャラクターが本当にやわらかくってそれでいて奇妙な感じでかわいいんですよね。

ゲームって2Dと3Dの差であったり、キャラクターを動かしやすくする為だったりで説明書とかに書いてあるキャラクターと実際のゲーム画面のキャラクターが結構違ったりするのですが、このゲームはかなりデザインに忠実に出来ていた気がします。

倉島さんの描く絵の独特の雰囲気がそのままゲーム全体の雰囲気になっていて、独特の世界観を作っていた気がします、

 

倉島一幸さんのHP 倉プロ→http://kurablo.moo.jp/

 

 

moonを入手するには?

 

いかんせん古いゲームですし、当時それほど本数が出回っていなかったのか中古で買っても当時の発売時の価格そのままか、あるいはそれ以上の値がしてしまいます…。

ですがおすすめのゲームなので、是非機会があればやって頂きたいです。

実はぼくも従兄弟から借りてプレイしていた為ソフトを持っていないのですが、いつか入手したいと思っています。

以前一度だけ、とあるゲームショップで、『愛すべきクソゲーコーナー』という棚に1000円で置かれているのを見たことがあります。

その当時はこんな入手困難なゲームになるとは思わなかったため、お金に余裕がある時に買えばいいやとスルーしてしまったのですが今にして思うとあの時買っておけば良かったです。

 

 

 

ラブデリックという会社

 

このゲームを開発したラブデリックと言う会社、2000年には活動を休止しています。

ですが1999年にチームの一部が『バンプール』として独立、他のチームも『スキップ』、『パンチライン』という形で独立し、三社それぞれゲームを作っていました。

発表したゲームの中にはラブデリック時代と同じ様な、異色な題材を取り扱ったゲームも多かった様です。

 

 

続編の予定は?

 

2010年の10月プロデューサーを務めていた西 健一さんが、Twitter上で「そろそろmoonの続編いきますかね^^;」という発言をしています。

どうやら別のプロデューサーの方からmoonの続編に関する話が出てきたらしいのですが、同年12月には元ラブデリックメンバーでの忘年会も行われた様です。

あくまでも話が出たというだけであり、その後動きはないのですが可能性はあるかと思います。

moon続編に対する希望、要望はtwitter上で「#moon2」をつけて呟いて欲しいとの事です。

moon2を望む声が多ければ多い程スポンサーを動かしやすくなり、可能性も増えて来ると思います。

新作を楽しみにしている方はどんどん呟いていきましょう!

↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (2)
このエントリーをはてなブックマークに追加


«

»