iPhoneでの動画撮影便利グッズ その1 | Tana



iPhoneでの動画撮影便利グッズ その1


↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (1)

iPhone用マイク

Tanaのサイト用に動画撮影をする際に、手軽で便利なためiPhone等のスマートフォンを使用する事が多いです。

しかしiPhoneで撮影するとどうにも音をうまく拾えていない事があります。

この問題を解決する為にiPhoneに接続して使えるマイクを購入してみたのですが、中々調子が良かったのでご紹介します。

 

違いがわかりやすい様に動画にまとめたのでご覧ください。

 

 

※youtubeから動画を見た方へのサイトのアナウンスが入ってますのでそのあたりは飛ばしてください。

 

如何でしょうか?

かなり音の違いがわかって頂けたかと思います。

マイクをイヤホンジャックに接続するだけで使用出来る為非常に簡単です。

動画内で言っている事の繰り返しになりますが、映像において音の持つ力はかなり大きいです。

音の質が上がるだけで、動画全体の質がぐっと上がります。

価格もお手頃ですし、iPhoneで動画撮影をする機会が多い方は買ってみては如何でしょうか?

 

楽天で価格を比較:http://product.rakuten.co.jp/product/LOAS+IPMC-01AL/7f8429d7c8b03ba65028146c19615238/

 

今回はマイクを紹介しましたが、動画の撮影に便利そうな道具や気になる道具があれば今後も紹介して行きたいと思います。

 

ぱっちん

 

動画を切り替える際に何かきっかけをと思い指を鳴らしたのですが、我ながらイラッとしました。

 

 

おまけ

動画内で少し触れた、『強引な方法』ですが、30cmの物差しの先にiPhoneを輪ゴムで括るという非常に簡単な物です。

物差しの反対側を手で持ち自分が映る様に撮影しています。

 

強引な方法

 

今回自分を撮影する際に、iPhoneを固定する方法がなかったため急遽この様な方法をとったのですが、これを使って何かもっと面白い撮影が出来ないかなと思い、少しテスト撮影をしてみました。

そのテスト撮影の様子をおまけとしてアップロードしておきます。

4分30秒カメラを持ってうろうろしてるだけの動画です、ずっと見てると酔ってしまうと思うので、ちらっと見る程度にしておいて下さい。

 

 

学生の時、こんな感じで棒の先にカメラを固定した実験映像を見た覚えがあります。

本格的なカメラであればそれなりにしっかりとした固定が必要だと思いますが、iPhoneであれば輪ゴムで充分です。

視点を変えるだけでも、今までになかった面白さをそこに見いだす事が出来ると思います。

みなさんもカメラで色々遊んでみては如何でしょうか。

↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (1)
このエントリーをはてなブックマークに追加


«

»