そこには高い塔があった | Tana



そこには高い塔があった


↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (0)

オフニブロール

どうも毎週火曜日に更新しているイズミです。

埼玉県川口市にあるSKIPシティという施設で面白そうな展示がやっていたので見に行って来ました。

本日はそれをご紹介します。

 

そこには高い塔があった

 

offnibroll

 

展示概要


今回の企画展では、SKIPシティの地にかつて存在した2基の巨大な電波塔から着想を得て、映像によって創り出された、記憶と想像の街の風景が出現します。

普段見慣れた街も、注意深く観察し、いろいろな事を想像しながら歩きまわると、今までとは違った風景に見えてくる事があります。

本企画展の街も、過去に思い巡らしたり、未来を想像したりしながら観ることで、心の中にそれぞれの風景を映し出すことでしょう。

展示制作は映像とダンスを融合させた作品で国際的に活躍するアートユニットoff-Nibrollです。

この企画展を通し、私たちの街の過去と現在、そしてまだ観ぬ街の風景について、思いを馳せていただけましたら幸いです。

※パンフレットより引用

 

off-Nibroll


ダンスカンパニー・Nibroll[ニブロール]の映像・高橋啓祐と振付家・矢内原美邦によるユニット。劇場をはじめ、美術館、ギャラリー、公共施設など 多様な空間で作品を発表。映像インスタレーションとともにダンスパフォーマンスも展開し、身体と映像の関係性を追求している。BankART横浜、せんだ いメディアテークやイタリア、韓国、台湾などでも個展を開催。越後妻有アートトリエンナーレや上海ビエンナーレといった国際展への参加をはじめとし、国内 外での活動をおこなっている。矢内原美邦個人としても2012年に戯曲『前向き!タイモン』で演劇界の芥川賞とされる第56回岸田國士戯曲賞を受賞してい る。

※パンフレットより引用

 

最近流行のプロジェクションマッピングを使用した展示

リニューアルした東京駅でプロジェクションマッピングが行われてからと言うもの、プロジェクションマッピングと言う物が随分身近になりました。

本展示もプロジェクションマッピングを使用した展示です。

 

2014-01-21 14.51.09

手前に小さな家が沢山並んでいて、そのひとつひとつにプロジェクターの光が当たっています。

2014-01-21 14.59.13
この展示は壁面全体に投影された電波塔のある風景「本日の風景」と、街の様に床に配置した、数百個の家の模型に映像投影するプロジェクションマッピング作品「静かな一日」の2つから成立しています。

一応それぞれに名前はついていますが、2つの作品によって作られているこの空間が1つの作品だと感じました。

 

2014-01-21 15.41.02

 

そこにあったものが今はないと言う事

この展示では電波塔があった頃の写真や、なくなった当時の映像も共に展示されています。

本企画では電波塔はモチーフであり、主題ではないと思うのですが、作品とこの街の背景を同時に知ることで、より一層時間の流れと言う物について考えさせられたなと思います。

パンフレットに書かれている狙いの通り、きっとこの作品を見た時、それぞれ違った風景を思い描くのだろうなと感じました。

ワークショップがあります

今回ご紹介したのは展示作品ですが、off-Nibrollさんは本来ダンスパフォーマンスあってのアーティストさんです、3月23日にパフォーマンス作品『街にひそむ』の上演を行います。

そちらのパフォーマンスは3月21日から23日の間のワークショップを通して参加者と一緒に作って行く様です。

全日程参加出来る事が条件の様ですが、興味がある方は参加してみては如何でしょうか?

 

SKIPシティって何?

埼玉県川口市にある映像制作を目的とした施設。NHK川口ラジオ放送所跡地の産官学連携による再開発事業として、2003年2月1日にオープンした。SKIPSaitama Kawaguchi Intelligent Parkの略。

現在、彩の国ビジュアルプラザ(埼玉県立映画博物館他の施設からなる)、NHKアーカイブス、埼玉県立産業技術総合センター川口支所、 埼玉県立生活科学センター(くらしプラザ)、川口市立科学館などで構成される。その他にも、大小様々な映像制作会社がテナントを構えている。

毎年、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭というDシネマ製作者の登竜門ともなっている映画祭も行っている。

 

2014-01-21 14.42.04

2014-01-21 14.42.21

詳しくはWEBサイトへ:http://www.skipcity.jp/

 

とまぁ、こんな感じで映画が見れたりメディアアートの展示が行われたりと中々見所のある施設なのですが、場所があまり良くないためそんなに人が訪れません。

僕は埼玉南部住まいの為、この施設の存在は知ってましたし、何度か足を運んでいるためそんな現状を少々寂しく思っております。

なので今回の企画展をきっかけにSKIPシティの事も含めてご紹介しようと思いました。

興味を持たれた方は是非一度行ってみてください。

↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (0)
このエントリーをはてなブックマークに追加


«

»