うろ覚えで今年見た映画を振り返る | Tana



うろ覚えで今年見た映画を振り返る


↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (0)

映画

どうも皆さんこんにちは、イズミです。

もう今年も残る所あと数時間です。

新しい年を迎える準備はお済みでしょうか?

今年最後の記事となる本記事ですが、せっかく一年の終わりなので、今年みた全ての映画について振り返ってみたいと思います。

ただ、僕は基本的に見た映画の情報を残していないので、「何をみたんだったっけ?」と自分でもかなりうろ覚えになっています。

とりあえず思い出した物を思いだした順番で、覚えてる限りで一言感想も添えてずらっと書いて行こうと思います。

 

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日

 

ライフオブパイ

 

これは劇場で見ました。IMAXでの観賞です。

これは僕は正直かなり好きです。

トラと少年の旅もかなりぐっと来る話ですし、僕はこの映画を劇場でみて、

「ああ、こういう3Dの使い方はいいなぁ。」

と思いました。

なんというか、3Dはガチャガチャと派手な動きがあるような映画に使われがちだと思っていたのですが、この映画では静かな空気感を出すのに3Dが使われているのがいいなぁと思いました。

そしてこの映画をみてて、一番「おおっ!」となったのは、一番最後の場面です。

あまりネタバレになる様なことは言えませんが、「物語を語る」とはどういう事なのか、それについて考えさせられました。

最後の場面をみて、何度でも見たい映画だなと思いました。

 

テッド

 

テッド

 

僕はぬいぐるみがすごい好きなんです。

もこもこしてて、かわいくて。

でもかわいいだけの物よりも、ちょっと毒がある物の方が好きです。

だからこの映画のトレーラーをみた時正直かなり期待してました。

でもちょっと期待してたのと違いました。

僕はこの手の映画は最後無理に良い話風にして終わる必要は無いかなと思うんです。

もちろん後味は良いにこした事は無いのですが。

なんかそういう要素が入って来た所為でいまいち楽しめなかったかなと思います。

 

クラウド・アトラス

 

クラウドアトラス

 

 

友人にチケットをもらったから見に行ったのであって、正直あまり期待していなかったのですが、面白かったです。

場面があっちこっちうつって、目が離せない映画でした。

ただ僕はこういう場面があっちこっち移る映画は好きなんですが、苦手なので、もう何回か見ないと本当の所は良く分らないなと思いました。

ただ作中に出てきた、「越えようと思えば壁は越えられる」といった意味のセリフはなんだかすごく印象に残っています。

 

宇宙人ポール

 

宇宙人ポール

 

DVDで観賞。

グレッグ・モットーラ監督のスーパーバッドが好きなので、見てみたのですが面白かったです。

笑えるという意味ではスーパーバッドの方が、笑えたと思うのですが、ポールと言うキャラクターが非常に良く出来ていた気がします。

ポールには何度でも会いたい。

 

ムード・インディゴ うたかたの日々

 

インディゴ

 

こちらは本日の一作の方でも紹介したので、詳しくはそちらを見て頂ければと思うのですが。

原作の雰囲気と、ミシェル・ゴンドリーの演出がマッチしていて非常に良かったと思います。

 

クロエ

 

クロエ

本日の一作で、ムードインディゴを取り上げた際についでなので見てみた映画ですね。

原作は同じですが、こちらの方が日本人的な感じですね。

好きな人は好きだと思うのですが、僕は特にオススメはしません。

 

藁の盾

 

藁の盾

ビー・バップ・ハイスクールのきうちかずひろさんの小説が原作となっている映画ですね。

藤原竜也がすごい悪いんですよ。

その悪い感じがすごいハマってて活き活きしてました。

僕はそれだけで見てて楽しくなっちゃいましたね。

でもそれを除いても面白い映画でした。

何が正しくて何が間違っているのか、倫理観を揺さぶられる映画です。

 

ガッチャマン

 

ガッチャマン

おもしろ半分で見て来ましたが、感想を一言でまとめるなら、

「え?これ続けるつもりなの??」

 

ただいま。

 

ただいま。

 

多くのPVなどを監督している事で知られる島田大介さんの監督作品。

短い映画だったからなのか、普段はPV等を多くとっている方の作品だからかワカリマセンが、普通の映画とは大分感覚が違いました。

全体的に映像がきれいで、独特の空気感がありました。

 

風立ちぬ

 

風立ちぬ

 

他人に理解されずとも、それをただ真っすぐに追い求める二郎に憧れます。

これは飛行機がモチーフになってますが、物作りに携わっている人間は共感してしまう部分が多いのではないかなと思いました。

これを見終わった後、宮崎駿の引退について、「そうだなぁこれは引退するなぁ」となんだか納得しました。

 

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

 

ブラック

huluに入っていたので、何故かみた映画。

タイトルそのままの映画なのですが、イライラする場面が多く、

見終わってもすごいすっきりするわけでもなく、あんまりバランスの良い映画ではないなと思いました。

ちなみにこれは「電車男」などと同じ掲示板にかかれていた話が原作となっているんですが、元ネタとなった掲示板の方は僕は結構楽しんで読めました。

ただあの手の話はその人が、実際にいる感じとか、一体感とか、そういうところから楽しくなって来ると思うので、そもそも映画化に向かないんじゃないかなって気がします。

ていうかこの映画、あんまり2ちゃんねる要素出てこないのにたまにとってつけたように出て来るからそれがすごく見づらかった。

 

マインドゲーム

 

マインドゲーム

DVDにて観賞。

こちらの画像にはハイパーテンションムービーとかかれていますが、まさしくそんな感じです。

アニメーションでしかあり得ない視覚的な気持ちよさに溢れていてオススメの一作です。

色々賞とかとっている作品なので、僕がお勧めせずとも良い映画かも知れませんが。

見終わった後に、「生きたいように生きるぞ!」という気分になる映画です。

 

鉄コン筋クリート

鉄コン筋クリート

マインドゲームを借りた時に、「あ、せっかくだからSTUDIO4℃祭にしよう。」と思い、一緒に借りました。

これもぐりぐり動いて気持ち良い映画でした。

でもクロ役の二ノ宮君が二ノ宮君過ぎて気になりました。

あと僕は原作の方が好きかなぁと思います。

 

劇場版イナズマイレブン 最強軍団オーガ襲来
劇場版イナズマイレブンGO 究極の絆 グリフォン

 

オーガ

 

グリフォン

ここでこれが入って来るとは誰が予想出来たでしょう。

DVDにて観賞です。

テレビアニメってあんまり見てなかったのですが、とある出来事(大した事ではないので割愛)をきっかけに弟がイナズマイレブンにどはまりし、弟が見ている横で僕も見る、という形になりました。

今年の始めあんまり仕事が無かった時期に暇だったので、一緒に見てたのですが、子供向けだと馬鹿にしたもんでもありません。

結構熱いんです。

少年の心を持っていれば楽しんでみれます。

ただ個人的にはGOになってからは今一面白くないなって思いますね。

あ、一応行っておくと弟は小学生とかじゃないです、今度大学生です。

 

極道めし

 

極道めし

こちらもhuluに入ってたので、なぜか見たシリーズですね。

内容については以前マツダさんが記事にしていたので、そちらを見て頂ければと思います。

僕は原作の方が好きかなぁ。

漫画を映画にするのって難しいなぁと思います。

 

くもりときどきミートボール

 

img_11266_59704926_0

DVDで見て思ったより全然面白くて、でも出来れば3Dで見たかったなぁ、

って思ってたら今劇場で2が公開中!?

行かなきゃじゃないですか!!

ちなみに同監督の、実写映画作品「21ジャンプストリート」も面白そうで気になっています。

 

パシフィック・リム

 

パシフィックリム

今年一番のお祭り映画、劇場で見なきゃ駄目なやつです。

劇場で3Dでみたらこれはもはや映画と言うより一種のアトラクションですね。

超楽しかったです。

ちなみにポスターを探したら非公式のと公式のが入り交じって出て来てしまってこれがどっちなのかよくわかりません。笑

 

そして父になる

 

父になる

流石の是枝監督です。

非常に良く出来ています。

各方面で、色々と言われていますが、本当に今回はキャスティングが良かったなぁと思います。

 

ばしゃ馬さんとビッグマウス

 

ばしゃうま

劇場公開最終日に滑り込みで見て来たのですが、これもすごい好きな映画でした。

夢をどう諦めるのか、という話なのです。

基本的に登場人物はどこかしら駄目な感じです。

そういう駄目な部分に自分を重ねて見てて苦しくなったりつらくなったり、

でも最後はなんだか清々しい気持ちで追われます。

とても気持ちの良い映画でした。

ちなみにこの作品を撮影した吉田恵輔監督の新作、「麦子さんと」が現在劇場で公開中ですね。

こちらも是非見に行きたいと思っています。

 

振り返って

あんまり見てないもんだなぁと思ったのですが、多分結構思いだせてない部分があるんですよね。

劇場公開作品は、しっかり覚えているのですが、DVDで見た映画はどうしてもうろ覚えになってしまいます。

やはり映画は劇場で見た方が、単純に映像作品としてではなく、体験として刻まれる気がします。

映画は見れるときはどんどん劇場で見た方が良いなと思いました。

 

あと実はチケット持ってるけどまだみれてない映画と、DVD借りたけどまだ見れてない映画があるので、その辺りはお正月休みの間に消化しようとおもっております!

 

さあ来年は一体どんな映画が見れるのでしょうか!

非常に楽しみですね!

それでは皆さん良いお年をお迎えください!

↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (0)
このエントリーをはてなブックマークに追加


«

»