『自作PC』Part1『構成』 | Tana



『自作PC』Part1『構成』


↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (0)

 

自作TOP

 

 

今回は久々に『Part記事』になりそうです。

 

前々から挑戦したかった『自作PC』ずぶの素人が本当にPCを組めるのか?

それを『Tana』の記事にしようと、記念すべき今回はPart1『構成を考える』です

 

 

魅力

 

 

自作の魅力

 

 

さてさて、自作の魅力はいったいどこに?

 

写真のように『外観にこだわれる』これも魅力の一つです。

また、お金次第では普通のお店に並ぶことのない性能のPCを作ることや

 

自分の用途に合ったパーツを選び世界で一つだけの自分専用機ができるなんて男のロマンではないでしょうか?

 

※魅力ではないのですが、自作だと安くPCが作れるというのは個人的見解ですが嘘です。

 

 

TSUKUMO

 

 

今回は『秋葉原』にあるTSUKUMO電気さんに相談し今回の構成をきめました。

お金もかかることですし、分からないことは全部聞きましょう。

 

きっとこれが自作PCへの近道です。

 

 

CPU

 

 

CPU

 

『Inter core i7‐4790』今回のCPUはこちらになります。

 

CPUとはパソコンの頭脳とも言われており性能に直結するものです。

「コア」とは CPU の中心部分であり、実際に処理を行うところの為、複数の作業を一緒にする方はここの数字を大きくしましょう。

 

(ゲームしながら録画しつつBGMに音楽流してみたいなことですね)

 

単純にYoutubeを見るだけならコア数は少なくていいという事ですね。

 

 

マザーボード

 

 

 

マザーボード

 

『ASUS/H97 Pro』全ての基盤になるマザーボード

 

今回紹介したすべてのパーツがこのマザーボードに接続されます。

これ自体はパソコンの性能に大きく作用はしないのですが

 

どんなパーツを付けられるかは大きく変わる為、自分がどんなものを付けたいか決めてから選ぶのがいいでしょう。

 

 

メモリ

 

メモリ

 

情報を記憶するパーツ『メモリ』

今回は『DDR3-1600 4GB×2』を考えている。

 

記憶量が多ければ多いほど多くの作業を早く動かすことができます。

スピードと作業の安定化を図るパーツです。

 

比較的z峰説がしやすい部分ではありますが

通常でも8GB、写真の編集などで16GB、動画編集なら32GB位の計算で良いそうです。

 

 

グラボ

 

 

ビデオカード

 

『ZOTAC/NVIDIA GEFORCE GTX970』ここは絵や文字を画面に表示するためのパーツです

 

私はゲームなどをするため一番気合の入る部分です。

マザーボードやCPUに元々機能としてついている場合も多いですが、それは小型化や安価にするために付けられているため

 

ゲームや動画の編集には向きません。

 

値段もするパーツですが値段の高いパソコンの醍醐味でもある部分だと思います。

 

 

 

キャプチャ

 

 

HDD/SSD

 

こちらは情報を長期保存するパーツである

『東芝 DT01ACA1001TB』『Crucial BX100128GB』で行こうと思います。

 

HDDは大容量なほど多くのものを保存でき比較的安価なことがポイントです。

正直1TBも使うのか??と昔のパソコンからすると思ってしまいます。

 

SSDはデータのやりとりが高速なのが売りなため、OSなどを入れておくと電源を入れて3秒でPCの起動が終わる

このようなことが可能になるのです、自分が良く使うソフトはこちらに保存するのが最近の主流になっています。

 

 

電源

 

 

 電源

 

電気を送るパーツであり、性能が上がれば上がるほど電力を食うのがパソコンです。

『RA-650S』650Wの電源を選びました。

 

今後もっとメモリを積みたい、ビデオカードを機能をあげたいなど考えてる方は

少し余裕を持った選択をしないと電源から変えなくてはいけません。

 

もちろん最初の構成に対して電源が弱いと起動すらしないためしっかり計算しなくてはいけません。

 

 

ケース

 

 

 

ケース

 

最後に外観を決めるケース『Cooler Master 690 Ⅲ』を選ぶ予定だが、現在ここで悩んでいる

見た目で選ぶもよし!価格で選ぶもよしだが

 

いれるパーツによって入りきらない場合や熱をどのように処理するかが決まる為

こだわりが見える部分でもある。

 

 

キ

 

 

今回の構成に『OS』をいれて、占めて『153863円』になりました。(2015年6月4日)

 

一応、もう少し値段は押さえたいものの性能を下げる気はないので、もう一度くらい店員さんと話を詰めていこうと思っています。

 

次回のPartからは製作過程などをお見せできたらと思います。

みなさんも自作PCの世界に足を踏み入れては如何でしょうか?

 

 

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽ L I N K ▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽

 

 

TSUKUMO公式HP

 

ドスパラ公式HP

 

 

↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (0)
このエントリーをはてなブックマークに追加


«

»