こだわりたくなる『キーボード』 | Tana



こだわりたくなる『キーボード』


↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (0)

 

 

dellJPG

 

 

毎週、週末になるとパソコンと睨み合いながら『キーボード』を叩きつづける日々が気づいたら一年を迎えました。

土曜日担当の『Hiro』です

 

 

今回は記事を書くのに欠かせない『キーボード』について語りたいと思います、

現在使っているのは、大昔に買った『DELL』のパソコンについていたTOPの画像のものですが

 

いまじゃ手垢まみれで、非常に汚い状態です。

ただ長く使っているからか、一番使いやすく愛着もあり、なかなか手放せません。

 

そんな僕が、今気になるキーボードをご紹介したいと思います。

 

 

シンプルイズベスト『Real Force』

 

 

riafo

 

 

『東プレ』から発売している『Real Force』通称:リアフォ

 

 

正直、見た目では凄さは分かり辛いですが、非常に優秀なキーボードで御座います。

それを支える理由とは、一番が静電容量無接点方式』簡単に説明すると、電極を互いに接触する必要がない為

キーボードの耐久性が非常に高く、また音も静かなのです。

 

 

(通常のキーボードは押下回数1000万が寿命と言われていますが、リアフォは3000万回と言われています)

 

 

金融機関などのデータ入力などの業務利用に使われるキーボードを作っていた会社という事ですが

複数点の同時押しなどにも入力漏れがないことらはゲーミングキーボードとしても、非常に優秀と評判である。

 

 

iPhone/iPadにも使える『Rapoo E6300GL』

 

sumahoyou

 

 

こちらはBluetooth3.0に対応したワイヤレスキーボードとなっており、二時間の充電で一ヶ月ほど使用可能な持ち運び用キーボード

iPhoneやiPadなどでブログの更新をするのが非常に捗ります。

 

また、画像では分かり辛いのですが、数々のショートカットキーが搭載されており

ワンボタンでホーム画面を開いたり音楽を流したりすることも可能なキーボード

 

デザインにも注目されており。2012年に『iFデザイン賞』も受賞している。

 

 

キーボードの『軸』

 

 

ziku

 

 

 

キーボードのこだわりの話をすると避けては通れないのが『軸』のはなしである。

 

キーボードの『軸』とはつまり『茶軸』『青軸』『黒軸』『赤軸』というキースイッチの色のことである

各色事に押し心地が違います。

 

 

『茶軸』

 

押し下げ圧が軽く反発も少ない為、軽快なタッチが可能となっている。

 

 

『青軸』

 

押し下げ圧が軽く、キータッチの際に『カチッ』という入力音が特徴

 

 

『黒軸』

 

最も押し下げ圧が高く、入力にクリック感(手ごたえ)がある

 

 

『赤軸』

 

キーの押下の具合によって押し下げ圧が上昇するという『赤軸』

入力の手応えがありつつ、入力時の指先の抵抗は少ない、軽快な入力が可能となる

 

 

自分のお気に入りの押し心地を捜すのは非常に重要だ。

 

 

話題になった『ポケモンキーボード』

 

 

pokemon

 

 

 

こちらの『ポケモンタイピングDS』こちらはAmazonで現在2500円前後で購入が可能なのだが

 

ここに付属するキーボードのBluetoothは標準的なHIDプロファイルが採用されているので

色々な機器と接続されることが可能。

 

リーズナブルな価格で購入が可能な点や、子供が使うことを意識して作られたキーボードは

耐久性や、持ち運びのサイズ感も絶妙でありネットで人気が高い商品である。

 

 

次世代のキーボード

 

 

zisedai

 

『R2-D2』のヴァーチャルキーボード

 

こちらは画像のようにキャラクターから手元にキーボードを映し出し

何処でも文字の入力を可能とした次世代型のキーボードです。

 

ただクリック感がない為『カチャ』っという音が鳴る仕組みとなっており。

通常のキーボードよりは使い勝手が悪そうですが非常にお洒落だと思います。

 

 

aikyatti

 

 

このように普段使っている者にもスポットライトを当てると非常に奥が深いですね。

 

毎日使うものだからこそ、お気に入りの物を使いたい方

色々なキーボードを触ってみるのは如何でしょうか?

 

 

 

↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (0)
このエントリーをはてなブックマークに追加


«

»