初心者に向ける【Levi’s】の魅力 | Tana



初心者に向ける【Levi’s】の魅力


↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (1)

 

IMG_3850

 

 

全てのジーンズはここから始まったLevi’s】

 

 

【Fashion】に興味がない方でも、一度は手にした事があるであろうジーンズメーカー【Levi’s】

先日『501XX』を購入したので、ジーンズの魅力を記事にしながら、僕自身もこのジーンズとの付き合い方を考えたいと思います。

 

 

IMG_3851

 

 

『501XX』ってなんだろう?

 

そんな方もいると思います、【501/ゴーマルイチ】こちらは型番です。

これは聞いた事がある方も多いんではないでしょうか?まさに【Levi’s】の看板ともいえる超有名商品です。

 

 

じゃあ【XX】とは?

 

Extra Exceedの略称ですが、意味は『更に超越した』という意味ですが

質の良さを指した言葉ですが、現在はデニム=頑丈という意味もあり【XX】が略されてるようですが

ヴィンテージやヴィンテージのレプリカには現在も付いています。

 

 

tagu

 

 

多くのファンを持つ【501】ですが、その魅力はどこにあるのでしょうか?

僕の個人的な見解ですが、一番は【シュリンクトゥフィット】の存在ではないでしょうか?

 

【シュリンクトゥフィット】とは・・・まず【501】は元々すべてリジット(生デニム)のモデルしかありませんでした。

つまり、購入したばかりはパリパリなんです。その糊を落とす作業の際に100%COTTONの水分を含み乾かした時に縮む特性を活かし

オーバーサイズのデニムを自分の体に合わせたサイズ感にする作業です。

 

 

ゆえに、わざと大きめのサイズを買うのがセオリーです。

 

 

IMG_3852

 今回購入したデニム、まだ洗ってないのでこんなに大きい。

 

 

この【シュリンクトゥフィット】でデニムのシルエットが決まります!この存在だけで今までよりジーンズに愛着が湧きませんか?

 

続いては【ジーンズ】【味】とは?

今回は3つの部分に注目したいと思います。

 

 

①ジーンズにおける【ヒゲ】

 

 

hige

 

 

まず味の一つは、この股間部分につく皺、通称【ヒゲ】と呼ばれる部分である

足をあげた時につく皺が擦れこのような色落ちになる。

 

色落ちとして派手な部分なので万人受けし、わざと加工してつけられた商品も数多く存在する。

 

 

 ②ジーンズにおける【縦落ち】

 

 

tateoti

 

太もも部分から膝あたりまで縦に落ちた色落ちを【縦落ち】といいます。

一番目立つ部分なので、もちろん好みはあると思うのですがここの色落ちがないとなんだか物足りないです。

 

自分の好みの色落ちを目指して履くのが非常に楽しいですね。

 

 

③ジーンズにおける【蜂の巣】

 

 

hatinosu

 

 

 

膝裏にできる網目状の皺、通称【蜂の巣】

これが付いてると僕は、男臭いジーンズ履いてるなぁ…って思います、屈伸運動によってできた皺なんですが

 

洗わずガツガツ吐き続けると綺麗に皺が入りやすく、細かい皺が入ったデニムを見ると

『あ~この人全然洗わないんだろうな…汚いなぁ…』

 

なんて思ってしまいます、そういう意味で男臭い…

 

 

tumeawase

 

 

このように、同じジーンズでも履く人の体形や姿勢、行動で味の出方が変わるパンツ

 

多くの人を魅了するのも理解できますよね。

そして、ジーンズの原点とも言われる【Levi’s】【501】とは昔からある世界基準の【キャンパス】の様なものなのです。

 

大げさに語るならば、そこにどんな自分を映し出しますか?

 

街中を歩きまわるアクティブな貴方には立派な【ヒゲ】がつき

デスクワークの貴方は隠しリベットの部分にアタリが出ていますね

 

 

勿論今回は【初心者に向ける【Levi’s】の魅力】お話してないことは山ほどあります。

ヴィンテージだったり、育て方、デティールの変化などマニアックな本まで出るほど深い題材なのです。

 

 

 

今回の僕のジーンズがどんな作品になるか?

 

男なら一本は持っておきたいこのキャンパス(ジーンズ)、是非貴方も用意してみてはいかがでしょうか?

 

 

▲▽ ▲▽LINK ▲▽ ▲▽

 

Levi’s®

 

 

 

↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (1)
このエントリーをはてなブックマークに追加


«

»