iPhoneアプリ『nana』 | Tana



iPhoneアプリ『nana』


↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (0)

 

 

キャプチャ

 

 

みなさんは、iPhoneアプリの『nana』というものをご存知でしょうか?

 

こちらは今流行りの『歌ってみた』をiPhone一つでできるというアプリ

 

 

歌い手

 

そもそも『歌い手』とは?

 

一般的には『歌い手』とは歌手のことになるが。

インターネット上(ニコニコ動画やYoutube等)のサイトで

作詞作曲を自分でせずに既存の曲を自分の声で歌う人々のこと。

 

カラオケに乗せての原曲に忠実な歌唱が多いが、それにとどまらない様々な形態が存在する。

 

インターネットでは投稿動画の種類がプロならば「歌手」

一般人なら「歌い手」と混同しないようにする為にこの言葉が使われている。

 

 

機材

 

 

『nana』の気軽さ

 

 

(ここからは知り合いの『歌い手』に聞きながら記事を書いており、人ぞれな部分も多くあります)

 

①機材がいらない

 

パソコンで本格的な歌い手活動をする際には、音質がいいマイクやオーディオインターフェイス(IF)

ケーブルや録音ソフトなど、様々な機材が必要です。

 

ですが、こちらのアプリだと必要なのは『iPhone』と純正の『イヤホン』で十分との事、これは楽チンですね。

 

 

②録音時間の短縮

 

 

合致

 

 

従来のパソコンを使った録音は、声の入って無いインストの曲をダウンロードし、録音ソフトを使って録音

その後ミキシング等の作業を経て動画として投稿されるが

 

このアプリを使うと、投稿までにかかる時間は約5分!

『見つける』から好きな曲を捜し、画面中央の録音ボタンで録音

 

もちろんクオリティはパソコンでの録音に勝ることは難しいだろうが、最初の一歩としては踏み出しやすいであろう。

 

 

公式

 

 

 『nana』の可能性

 

 

korabo

 

 

このアプリの最大の魅力は『重ね撮り・コラボレーション』である

 

自分の録音した音源に重ね撮りをし『ハモリ』をいれたり、男性女性パートを歌い分けたり

すでに人が歌った物に自分の声を入れて作るコラボーレーションなども可能である。

 

これによって、新しい音楽友達との出会いも望めるであろう。

 

また、イイネやtwitterへの投稿もすぐにでき自分自身を発信するツールとしても優秀だ

そんな『nana』の理想形ともいえるのが、この公式の動画だと思う。

 

 

 

 

一人の『”We Are The World”』が世界を結ぶ“We Are The World”に変化する様は非常に面白い。

 

 

今回協力してくれた友達

 

 

ヴぃヴぃ

 

 リンク(画像のClickからでも視聴可能)

 

 

今回、この記事を書くにあたって協力してくれた友人も『nana』に投稿をしている。


 

もともとはニコニコ動画で歌い手をしている『ヴぃヴぃ』彼の協力があって今回の記事ができたので

こちらで紹介させていただきます。

 

 

ニコニコ動画へのリンク

 

 

Twitterへのリンク

 

 

今回、記事にして思ったことは『歌が上手いって良いなぁ』と心底思いました

ためしに『nana』で録音してみて泣きそうになったHiroが送る 

最近気になるiPhoneアプリの記事でした

 

皆様も投稿したら教えてくださいね!

 

 

参考画像/nana公式HP

 

 

↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (0)
このエントリーをはてなブックマークに追加


«

»