Welcome to 【UK】 | Tana



Welcome to 【UK】


↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (0)

 

 

hikouki

 

 

 Welocome to United Kingdom!

 

 

今回の共通テーマは『俺ツーリスト』ということで、私が今回のお客様にご紹介するのは

 

『United Kingdom』そう『イギリス』で御座います。

 

実は、わたくし高校3年生の頃にイギリスに短期留学をしておりまして。

今からイギリスに行く方、イギリス旅行に憧れを持つ方の力になれればと思い書かせていただきます。

 

 

Fish&chips

 

 

 

イギリスといったら先に言っておきます

 

 

飯が不味いんです。

 

 

これは有名な情報ですが、私が詳しく説明いたしましょう。

 

おいしく食べれるのは、この3つです『Fish&Chips/カレー/マック』(イギリスは街中にカレー屋さんが非常に多いです)

当時留学で金銭的に余裕もなく、高級な飲食店には足を運べなかったですが…総じて美味しくないんです。

 

ホストファミリーの『David』が作ってくれたシチューは『犬の餌』の香りがしました

基本1皿にまとまってるので、まともなサラダなども下のほうは犬の餌(シチュー)にまみれてるのも悪意を感じます。

 

 

ガーリック

 

そんな『David』の料理で唯一美味しかったのは『ジャガバターガーリック風味』写真のこんなようなやつですね。

 

そんな彼は日本から『チキンラーメン』を持っていったら、簡単・美味しいに感動し『It’s Magic!』と喜んでました。

 

 

 

IMG_3148

 

 

街中がやたらお洒落

 

 

こちらは僕が撮ってきた写真ですが、左上は『ビッグ・ベン』有名な観光地ですが

 

ほかの写真でも街中の看板や街並みがやっぱりヨーロッパはお洒落ですね。

 

統一感があるというか、清潔感があるというか。

ロンドンでは街中に馬に乗った警察がいたのも印象的です。

 

ただ基本アジアの人々はなめられています。僕は向こうの中学生に水風船を投げられました…

酷い国ですね。

 

 

WARKERS

 

 

 

ポテトチップスがうまぃ!!

 

 

『WALKERS』ってしってますか? 日本だと全然みかけないんですけど、イギリスでは超有名これが美味いんですよ。

 

一番左の緑色の味は『Salt&Vinegar』こちらが凄い酸っぱいんです。

例えるならばスッパムーチョの3倍くらい…癖になるんですよね。

 

インターネットで検索したら、日本人でも好きな人や捜してる人は多いようですが。

国内では現在販売してないようなので輸入となります。

 

http://www.englishmarket.fsnet.co.uk/productcrisps.htm

 

 

ちなみにこちらのサイトで販売しておりました。

 

 

 

Bar&chi

 

 

 

煙草を持ってBarへ行こう

 

 

さて、旅行の醍醐味の一つに、現地の人々との新しい出会いと言うのがございます。

 

ただ、イギリスはもちろん英語圏、中々コミュニケーションも捗らないでしょう。

そんな中、相手から話しかけられる機会を作るのが、そう煙草です。

 

イギリスでは、『喫煙は18歳~』『飲酒はビールなら16歳からOK。他のアルコールは18歳~』となっています。

 

そしてタバコが1箱約1000円もするのです。なので多くの喫煙者は『巻きたばこ』を吸っています。

 

そんな中、煙草を持ってBarやCLUBへ行くと高確率で『一本分けてくれないか?』と声をかけられます。

 

 

留学当時高校三年生の18歳を迎えていた僕は、いきがって向こうで煙草と酒を経験しました。

褒められたものではありませんが、これによって英語を話す機会が爆発的に増えたのも事実で御座います。

 

コミュニケーションを取りたい方は是非1箱持って行ってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

map

 

第二の故郷『イーストボーン』

 

 

最後に僕が高校時代に留学した際に、住んでいた街を紹介したいともいます。

 

ロンドンまで電車で約1時間半の田舎町です。

僕が住んでいた家から海まで歩いて約40分という、海が非常に近い場所でもございます。

 

仕事を定年退職した方が住みたい街 『No1』ということで 街にはご年配の方が多かったですが

 

seven

 

 

『セブンシスターズ』という7つの頂を持つ真っ白な断崖のこの地はイギリスの中でも有名な観光名所ですし

 

 

ビア

 

 

『イーストボーン・ピア』という150年の歴史を持つ、海上の商業施設があったりなど

海外ならではの魅力的な場所がたくさんある、平和な町でした。

 

留学生も多く、いろんな国の人々と関われるこの街に、いつかもう一度行きたいと思っています。

 

このように、思い出と魅力にあふれた国イギリスですが、正直中身をみるとあんまり魅力的な国ではございません。

 

ただ旅行というのは行くだけで楽しいものですし、海外ともなればそれだけで経験値が上がります。

 

まずは、この記事を片手にイーストボーンに足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

 

『参考画像』

 

ロンドン留学センターHP Google画像検索『飛行機/ユニオンジャック』 GoogleMap  etc…

お借りしている画像に問題などがございましたらご連絡ください、 すぐ対応させていただきます。

 

 

 

 

↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (0)
このエントリーをはてなブックマークに追加


«

»