すいかのススメ | Tana



すいかのススメ


↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (0)

hapines1_3
blueです。

 

 

夏です。

 

 

僕は毎日汗だくで過ごしています。

 

 

さて僕は夏になると観たくなる作品があります。

 

 

img_0

「すいか」というドラマです。

 

 

「また観たいなぁ」とは思っていたのですがなかなか機会がなく最近お借りしたのでもう一度観てみました。

 

 

〜あらすじ〜

 

 

早川基子(小林聡美)は信用金庫に勤めるOL。34歳になった今でも結婚もせず、親離れも出来ずに平凡な日々を送っていた。

 

そんなある日、数少ない同期であった馬場ちゃん(小泉今日子)が3億円を横領していたことが発覚し、逃走したことから物語は展開する。

 

逃走を続ける中、日常の何気ない幸せに気付く馬場ちゃん。

 

一方、「ハピネス三茶」という下宿屋で、エロ漫画家(ともさかりえ)や大学教授(浅丘ルリ子)、大家の女子大生(市川実日子)などの同居人との交流を通して変化していく基子を対照的に描いている。(wikipediaより引用)

 

こちらは2003年に放送された作品で当時はただ日本テレビの土曜9時枠ということでなんとなく観ていたのですが作品全体にのんびりふんわりした雰囲気が広がっているのに時々すごく大切なことを伝えてくる作品です。

 

 

いくつか紹介させていただきます。

 

○教授「怖い? ・・・自分の頭で考えようとせず、自らの手で学問を捨て去ろうとする。その事の方がはるかにわたくしを恐怖させます」

 

 

こちらは課題をやっていない生徒が泣きながら謝っているのに「なぜなにもせずに泣くことですべてをあきらめるのですか?」と問い詰める教授に他の生徒から「怖い」と言われた教授のセリフです。

 

たしかに人が泣くときは為す術がなくどうしようもないときです。

 

ただこの生徒はなにも為していないのです。

 

思いつきもしませんでしたが言われてみると納得できます。

 

○馬場「早川、また似たような一日が始まるんだね」
基子「馬場ちゃん、似たような一日だけど、全然違う一日だよ」

 

日常を過ごしているとどうしても同じ毎日を過ごしているような気になって意味のない人生を送ってるような感じになりますがそれはとても大切な一日一日を積み重ねていってるのだと思います。

 

忘れがちですが。

 

○絆「今日も猫と携帯生かすために働きますか!」

 

ネガティブなセリフですがとても楽しそうに言ってました。

 

僕はまさにこんな感じですが案外楽しいものです。

 

嫌なこともたくさんありますが楽しいこともたくさんあるのでそれで十分です。

 

楽しんだもん勝ちです。

 

そしてキャストを見ていただくとわかるかと思いますが、

 

小林聡美、市川実日子、もたいまさこ、片桐はいり・・・

 

かもめ食堂やめがね、プールに繋がる平和な作品です。

 

???????

 

メインで脚本を書いた木皿泉さんですが他には「セクシーボイスアンドロボ」「野ブタをプロデュース。」「Q10」など話題作品を手がけています。

 

僕も知らない間に観てました。

 

photograph-371

 

images

 

あと放映が夏だったので作品中にタイトルにもなったすいか、そうめん、アイスキャンディーなどの夏感溢れる食べ物がたくさん出てきます。

 

001

 

hapines2_2

 

毎年どんどん気温も上がり過ごしづらい夏になっていきますが画面いっぱいに広がるすいかの世界は僕の夏をのんびりさせてくれます。

 

 

↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (0)
このエントリーをはてなブックマークに追加


«

»