帯買いのススメ | Tana



帯買いのススメ


↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (0)

20100518_1524927

 

毎度blueです。

 

今日のテーマは「帯買い」です。

 

上のグラフは「本の帯をとっておくか?」というグラフです。

 

CDなんかでよくあるジャケ買いという言葉。

 

みなさんやったことありますかね?

 

僕は漫画でやります。

 

ジャケよりも帯に惹かれて買うことが多々あります。

 

これがけっこう楽しいものなのです。

 

意外なものを読むことになったりします。

 

ネットで調べればいくらでもレビューが出てきますが

 

「俺が見つけた!」

 

という発見欲は満たせません。

 

かと言って万物に目を通すなんてのはなかなか難しいものです。

 

そこで帯買いです。

 

改めて考えてみると本の帯とはなかなか深いものです。

 

たった数行で一冊分の魅力を伝えなければいけないのですから。

 

そんな本の帯界(あるのかわかりませんが)でも有名なのが「よつばと」です。

 

【永久保存版】よつばと!帯コピーまとめ (1巻〜11巻) – NAVER まとめ http://matome.naver.jp/odai/2133913536349067501
 

思わず手に取りたくなる”本の帯”キャッチコピー集 – NAVER まとめ http://matome.naver.jp/odai/2133700063671046801
 

まとめnaverにもありました。

 

184x260xd0096ec6c83575373e3a21d1

 

僕が一番好きなのはこれです。

 

言葉だけでものすごいノスタルジーです。

 

ほかにも帯には芸能人や有名人が一言添えてあったりしますね。

 

というわけで僕も本棚を漁って探してみました。

 

pink

 

「pink」です。

 

「マンガは文学になった」という一文に惹かれて買ったのですが

 

まさにその一言に尽きるといった感じです。

 

シンプルノットローファー

 

続いて「シンプルノットローファー」です。

 

「なんかちょっと憧れちゃいました」なんて成海璃子に言われたら買っちゃいますよね?

 

四丁目の夕日

 

最後は「四丁目の夕日」です。

 

これも「読むと心が傷つくように感動する。」

 

という帯に惹かれて買いました。

 

といった感じです。

 

みなさんも本棚を漁って帯を見てみてください。

 

んで面白いものがあったらぜひ教えていただきたいです。

 

なんかツイッターとかに送ってください。

 

 

でも帯って保存が難しくないですか?

 

読むときペローンってなるし。

 

油断するとボロボロになるし。

 

なんかいい方法がないかなぁと考える日々です。

 

↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (0)
このエントリーをはてなブックマークに追加


«

»