草野球のススメ | Tana



草野球のススメ


↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (0)

photo_1_m
はい!今から野球の話をします。興味のない人にも楽しめるように頑張ります。それでは失礼して…僕は野球が好きです。

 

最近では弟を公園に呼び出しピッチング練習をしてます。

 

近々バットも用意してノックやバッティング練習もしようと思ってます。

 

 

思えば巨人軍の三塁手である父による血反吐を吐くような猛特訓を受け

 

「親父に許された遊び道具といえばこれくらいだ…」

 

と呟きながら壁にあいた穴にボールを投げ込み庭にある木にぶつかって返ってきたボールをキャッチしたり…

 

「コンダラ」というトレーニング用具をつかい練習をしたり…

 

0701_巨人の星

 

 

明訓高校では4番捕手として 計5回甲子園に出場したり(そのころはドカベンと呼ばれていました)してた僕が野球を忘れられるわけがないのです。

 

ドカベン

 

そんな僕がもっと本格的に野球をするためにはどうすればいいか調べてみました。

 

実際プロ野球チームに入れるとは思っていません。

 

一応ドラフト会議の様子は毎年気にしてはいますが…

 

小学校のころの夢は

 

「日本ハムファイターズで4番を打つ」

 

でしたがその夢はもう中田翔に託してあります。

 

 

 

 

 

 

いや…知り合いとかじゃないです。

 

気持ち的な問題です。

 

なので次の可能性に進みます。

 

そうです社会人野球です。

 

簡単に説明すると会社の野球部に所属する感じです。

 

有名なところだと車メーカーのHONDAやNTT、東京ガスや東芝なんかがあります。

 

廃部にはなりましたが野村克也氏が監督になったシダックスもそうでしたね。

 

これなら若干ですがプロ野球よりはハードルが下がります。

 

しかし中にはプロでやりたいという人が多数いるそうです。

 

しかも硬球です。

 

ball

 

 

(硬球とはプロ野球や高校野球で使用しているコルクなどを牛革で覆い糸で縫い合わせたもの。)

 

文字通り硬いです。

 

当たるとすごく痛いです。

 

痛いっていうか骨折とかするし当たりどころが悪ければ死んでしまいます。

 

僕は高校野球にしては珍しい「軟式野球部」でしたので硬球は嫌です。

 

そうなるともう道は一つです。

 

そうタイトルにも書きましたが

 

「草野球」です。

 

草野球だったら硬球は使用しません(チームにもよるとおもいますが)

 

仲間内で気軽に楽しめます。

 

大人の嗜みです。

 

しかし知らない人たちの集団(野球は9人でやるものなので自分以外の最低でも8人)の中に飛び込むというのも気まずさが隠せません。

 

しかも僕は下手くそなほうです(親父の特訓うんぬんは全部嘘です。)

 

さらに気まずいです

 

なのでここはやはり自分でチームを作るべきだと思うんですよ。

 

 

 

長くなりましたがここからが本題です。

 

 

草野球チームを作るにはどうすればよいのか!

 

 

 

…ここまで書いて「草野球チーム  作り方」でググってみたんですよ。

 

そしたらもうNAVERまとめさんでやってました。

 

http://matome.naver.jp/m/odai/2132850454557536601

 

NAVERまとめさんといえば簡潔にわかりやすくまとめてらっしゃると評判ですがそれをみた僕がさらに簡潔にまとめようと思います。

 

ザックリと。

 

要は

1    メンバーを集める。

2    道具を用意する。

3    ユニフォームを作る。

4    グラウンドを借りる。

5    対戦相手を探す。

 

ってとこです。

 

おそらく2と3と4はお金がかかります。

 

場合によっては1と5もです。

 

 

お金のない僕なりに考えてみたのですが…

 

・グラウンドはそこらへんの公園。

・ユニフォームは私物(高校時代のジャージetc)

・グローブは自前で用意してもらいバットは僕の私物を使用。

 

で、最初はこんなもんでいいんじゃないかと。

 

 

んでメンバーですが…

 

みんなの予定を合わせるって言ったってみんながみんな土日休みなわけではないし各々の私生活があるしで強引に合わせることは難しい。

 

その条件をくぐり抜ける暇な知り合いとなると…

 

「公園で弟と練習」

 

が僕には一番適しているようです。

 

ただ練習の参加者は常に募集しています。

 

公園でキャッチボールするだけでも楽しいものです。

 

 

 

 

 

 

そういえば書いてませんでしたが「メジャーリーグ」って手もありましたね。

 

でも英語喋れないしなぁ…。

 

 

↓この記事が気に入ったら押してください
♥ (0)
このエントリーをはてなブックマークに追加


«

»